THE ROOTS

INTERVIEW

夢なきものに成功なし

石原 新也

株式会社ビオトープ石原 新也

略歴

1973年生まれ。近畿大学卒業。2009年、株式会社エムアンドアイ専務取締役就任(東京赤坂)。2013年、アイアンドエム創業(愛媛県松山市)営業支援/WEB支援/人材育成支援、3本柱のサービスを提供。2015年、株式会社ビオトープ代表取締役就任、営業支援/広告・WEB支援/人材支援/財務支援、4本柱のサービスを提供。

現在の仕事についた経緯は?

エースで4番という他者評価の中で仕事をしてきましたが、何かが物足りなく何かが欠けていました。
「誰でもできる仕事ではなく、自分だからこそできる仕事」を探していた時に、専門領域=コンサルタントという仕事に出会い、そして営業領域の深部に触れたくて営業コンサルタントになりました。
ファクトベースで物事を考える大切さなど、いろいろな学びがあり、経済の発展とともに存在した営業という活動。属人的であり本質的な意味で体系化するのは難しいと考えていましたが、「営業を科学する」という言葉に出会いました。

何かを成し遂げようとする勇気を持たない人生など価値があるのか自問自答していた私にとって、興味深いテーマでした。

そしてこの言葉を自分の人生テーマとし、起業するに至りました。

仕事へのこだわり

人生全て物事をどう捉えるかですが、「事実に基づいて答えを求める」ことをこだわりとして持っています。また間違った方向に進むこともありますので、事実に基づいた仮説作りには特に時間を割いています。同様に「礼儀正しさ」「ご縁」は大事にしています。

私は、変化を恐れません。むしろ変化を楽しむところがあります。
現状に甘んじず進んで厳しい環境を求める事に躊躇いはなく、これまで私が歩んできた道はただ一つ、ビジネスの場で活躍し有能な人材の中に飛び込むことでした。
そんな環境に身を置けば自然とやる気が出るし、知識もスキルもアップデートされます。環境の変化は能力の底上げだと思っています。

今回、新型コロナウィルス拡大感染の最中、インタビューを受けさせていただいていますが、企業を取り巻く環境、消費者動向が大きく変わりつつある以上、弊社の在り方も大きな変化を求められています。

これまで会社として、クライアントの事業戦略にフォーカスをしてきましたが、より現場に近い戦略に特化したコンサルティングファームを目指し、機能レベルでのコンサルティングを強化する事としました。
また戦術レベルに関してはセールス・マーケティング・ファイナンシャル・エデュケーションまで業務領域を拡張、支援体制を整えました。

世の中、IT普及により営業もだいぶ可視化され、一見科学されたように見えますが、私見
としてはまだ結論は出ていません。

若者へのメッセージ

私は中学・高校・大学と卓球漬けの学生時代を送り、高校生の時には四国大会で団体、ダブルス、シングルスの全てで優勝をしました。
しかし、一人で努力するだけでは才能を伸ばし成果を残すことはできませんでした。親や先生など周りの人達が膨大な時間や労力を割いて指導してくれたからこそ、優勝という成果をつかむことが出来たのです。

それは社会に出てからも同じで、上司、同僚、お客様からも、膨大な時間を割いて育ててもらいました。優秀な上司や優しい上司、理不尽な上司など、様々なタイプの思考に触れた事で今の私があります。

どのような環境の中でも大切なことはあります。
何歳になっても人に教わることは多いし、どんな物からでも吸収できることはあります。
根底にあるのは「自ら学びに行く」という姿勢。

何もしないうちから、「学ぶ価値がない」と勝手に判断してしまうのは非常にもったいない事です。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。