THE ROOTS

INTERVIEW

Every cloud has a silver lining

茅根 真由美

かやね社会保険労務士事務所茅根 真由美

略歴

大学を卒業後、新卒で某大手旅行代理店に入社。IT企画部等を経て配偶者の地方転勤で10年間勤務した同社を退社。地方で育児をしながら社会保険労務士と行政書士の資格を取得。帰京後の2007年にかやね社会保険労務士事務所設立。2019年あすの行政書士事務所を併設。

現在の仕事についた経緯は?

会社勤務をしていた頃、出産や育児休業取得を契機に社会保険制度に興味を持ちました。私は制度を利用しながら、綱渡りながらも仕事と育児を両立することができました。事業所が利用できる社会保険や労働保険の制度を知らずに育児や介護でキャリアを諦めてしまう方も多くいらっしゃいます。私自身が助けられたように、法律や制度を多くの人に知ってもらい、従業員のキャリア継続を応援したい…。そんな気持ちが強かったと思います。

仕事へのこだわり

職人たれ!と自分に檄をいれています。納得できる仕事を決して妥協せずに提供する。電話一つの折り返しでも、一期一会と心得て手を抜かず気持ちよい対応をしたい。これは若い頃から純粋に取り組んできた仕事への姿勢です。初めてお問い合わせを下さるお客様は大変不安な気持ちです。その気持ちに寄り添い、明るく親しみやすいお声掛けをします。一人事務所ですので、全ての対応を私自身が行うことになります。我ながら守備範囲も広く、対応する業務も様々ですので、職人として常に自己研さんと意識の向上は欠かせません。その私の全てをお客様へフィードバックしていきます。

若者へのメッセージ

「幸せを実感できる仕事をすること」、これを諦めずに模索してほしいと思います。「幸福の資本論」(橘玲:著)という本の中で、【自分の能力が必要とされている状態】、【自分の努力が誰かを幸せにしている効力感】、【自分が本質的にやりたいと思うことに取り組める充実感】これらが満たされると真の心理的な充足が得られるとあります。本当にその通りだと思います。この状態であれば、人間はどんな努力もできてしまうのです。そんな仕事や環境に巡り合えたら最高に幸せです。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。