THE ROOTS

INTERVIEW

うるせえ!上等だぜ!

阿部 隆昭

行政書士阿部総合事務所阿部 隆昭

略歴

東京都立航空高等専門学校機械工学科卒、駒澤大学法学部卒。新卒で就職、都内百貨店眼鏡売り場に配属。売上NO.1を記録後、4年半で退職。都内、司法書士兼行政書士事務所に転職し18年間勤務。2013年6月、行政書士阿部総合事務所として独立開業。現在は、外国人雇用コンサルティング、補助金助成金申請のなどの資金調達支援が主力業務。幅広く深い知見を元に提供する弊社独自のコンサルティングサービスが顧客から高い評価を受けている。商工団体、自治体など公的機関主催セミナー登壇回数累計65回。著作物として『マイライフバインダー』がある。

現在の仕事についた経緯は?

行政書士の専門業務「外国人雇用コンサルティング」を始めたキッカケとして、忘れることができない出来事がある。

日本で就職する夢を描いて来日した外国人留学生。内定が決まり意気揚々だったが、本来ならありえない在留手続きにより国内に在留することが出来ずに、結果的に涙ながらに帰国する彼女。外国人の彼女には、なぜ在留できなくなったかの本当の理由を最後まで知ることがない。

彼女のような理不尽に不利益を被る事例は、あってはならないと考えた。
そこで、当職自身の専門性を活かした社会貢献、権利利益の保護に資する一つの形として、外国人を採用する企業側、就職する外国人側の双方にとって有益な外国人雇用コンサルティングを提供することを決めた。

仕事へのこだわり

・実行プロセスを考慮したコンサルティング
実務家行政書士として、アイデアを現実に実行した際に、どのような問題が想定できるか、コスト、工程など様々な要素を提示することで顧客満足度の高いコンサルティングを提供することを徹底している。

・期待値を把握し、それを二段階上乗せするサービス
修行時代から、顧客の期待値を把握し、それを二段階上乗せしたサービスを提供することで顧客から評価を得てきた。独立開業後もそれは変えず、更に精度を高めるべく情報収集に努め、YouTubeチャンネル等を通じて、広く社会に情報提供している。

若者へのメッセージ

”やる”のは簡単だけれども、大切なのは”やり続けること”。

正しい方法で、ある一定期間やり続けることで全ての事は何らかの結果を得られる。

その結果が、自分が求めていたものなのか、それとも異なるのか。
異なるとしたら何がどう異なるのか。
どの点を修正すれば自身が思い描いたものに近づけるのか?

これらへのanswerはやり続けた者にしかわからない。

2020年4月、コロナ禍により緊急事態宣言が発出された。行動変容が強制的に求めらた期間。
後々考えたとき、”あのときがあったからよかったんだ”と思えるような過ごし方をしたいと考えてスタートしたのが自宅ワークアウト。
運動・食事・休養をマネジメントするという「行動変容」の結果、10キロ減量に成功した。

If you change your body,you also change
身体が変われば、あなたが変わる。

実感した。

何もこれはワークアウトの世界だけの言葉ではない。
ビジネスも全く一緒だ。
”やり続ける”ことで変わった後の世界が見えるという冷厳な事実を端的に語る言葉として大切にしている。

行動というからには、手と足を具体的に動かすことが必須である。

ビジネスであれば、人と会い、人と話し、考えるということを”やり続ける”ことで、必ず何らかの結果を得ることができる。
全てはそこから始まる。
If you change your aution,you also change

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。