THE ROOTS

INTERVIEW

人生とは意志と愛のドラマ

山田千鶴子

サクセスリンク株式会社山田千鶴子

略歴

宮崎県山之口町出身。熊本大学医療技術大学部 衛生技術課卒業。臨床検査技師として10年の経験後、1994年に明光義塾健軍教室の教室長として学習塾業界に転職。出産・子育てで約10年間の休職を経て社内改革のために2005年に復帰し、「人物教育」で12教室平均生徒数日本一、またほねつぎ鍼灸接骨院でも、数多くの日本一を実現。2018年に代表取締役社長に就任。現在は、一般社団法人人物教育研究所の代表理事としても社外でも経営者や人を育てる立場の方向けの人物教育で活動中。

現在の仕事についた経緯は?

とても厳しい祖父、無口な父、とても優しい祖母と母、兄妹の7人家族で育ちました。母に茶碗を投げつけたりテーブルをひっくり返したりする祖父の姿、我慢しながらも私たち子どもには、いつも優しく接する母の姿を見て「何故みんな笑顔で過ごせないんだろう?」「人の良いところを認め表現し合ったらいいのに!」と幼い頃から思っていました。また学校でも、いじめっこに対して正義感を振りかざした時期もありましたが、その正義感が苦しくなり、人の幸せについて考えるようになりました。臨床検査技師時代に心理学を学び、弊社創立者の山田浩之と出会い、その人柄と想いに感銘を受け、「人が幸せに生きる社会に!」という私自身の夢と創立者の想いが一致し、1994年に明光義塾健軍教室の教室長として入社を決めました。

仕事へのこだわり

創立者の夢を我が夢としながら、「人材教育」ではなく、「人物教育」の実現を目指して「志事」することにこだわってきました。
人材教育とは、能力の優れた人間を育てる教育。
人物教育とは、能力と人間性の優れた人間を育てる教育。
人物教育の実現に向けて「顧客とは、関わる全ての人」という意識を持って、お金をいただく生徒や保護者様・患者様だけでなく、一緒に働く同僚・部下・上司・経営者・地域の方々・本部の方々などへの愛の実践(ホスピタリティ)を大切にして、顧客もスタッフ自身も「わくわく成長実感」する職場創りです。
具体的実践としては、弊社の経営哲学である感性論哲学の「しつけの4要素」
①挨拶②返事③感謝④謝罪です。
これらを教育者である大人が実践し、その姿を示していくことこそ真の教育であるとして、社員やスタッフが人物教育実践者として「愛の実力」を磨くことに尽力してきました。
「挨拶しなさい!」と指導している大人や親たちがお手本となる社会になっているでしょうか?
他人に呼ばれて、大人がキチンとした返事(頷き・相槌も)をしているでしょうか?
大人が「ありがとう!」と感謝の言葉を笑顔で行っているでしょうか?
また、大人や教育者も間違いや失敗は必ずします。そんな時に、「ごめんなさい!」「許してね!」と、職場や家庭において、謙虚に素直に謝罪の言葉を表現しているでしょうか?
弊社の挨拶は、「わくわく様です♪」
「感謝」と「感動」と「わくわく成長実感」。
これからの時代は「感性教育」としての「人物教育」を大切にしたい。
人間だからこそ、皆、長所半分、短所半分。長所は、他人に「ありがとう!」を言ってもらうためにあり、短所は、他人に「ありがとう!」を言うためにある。自分自身と他者を認め合いながら、「ありがとう!」で溢れる社会になったらどんなに素敵でしょう。
そして、「やった〜!」の感動で溢れる教育、繰り返し繰り返し繰り返しながら、問題を悪とせずに「わくわく成長実感」していける教育をしていきたいです。
サクセスリンク(株)と一般社団法人 人物教育研究所から、愛の実践を拡げていき、関わる全ての人の「健康と幸せと成功」を願い、人の命が輝く会社を創り続けていきます。

若者へのメッセージ

「人生とは意志と愛のドラマ」
意志とは、自己実現の力。やり遂げる力。
愛とは、人間関係の力。人と人をつなぐ力。

これまでの教育は、理性教育の偏りによって、個性を発揮しにくい時代でもありました。
これからの時代を創っていく皆さんには、感性を大切にし、人間にしかない理性という能力を使って、自分の好きなこと、得意なこと、やりたいことをしっかりと見つけ、チャレンジし、個性を発揮して命を輝かせて生きる時代を創っていきたいです。

また、幸せの一番の指標とされている人間関係の力。
SNSの時代でも、リアルな人間関係を創り、長所も短所も「ありがとう!」と感謝できる人生を創っていきたいです。

人の遺伝子は、親の能力を超えて生まれてきており、一人一人がかけがえのない唯一無二の存在。

「問題は必ず乗り越えられる!」

命を輝かせて、自分自身の意志と愛で、幸せな素晴らしい人生を創り上げていく社会を共に創っていきましょう!

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。