THE ROOTS

INTERVIEW

正解はなく選択をより良い結果にするだけ

晒名駿

HUNT BANK株式会社晒名駿

略歴

1997年生まれ。愛知県出身。名古屋大学教育学部附属中学・高等学校を卒業。 中高6年間はハンドボールに尽くし、大学ではAGESTOCK実行委員会の2018年度代表を務める。 2019年、明治大学商学部に在学しながら当社を設立。上場企業経営者や大手法律事務所代表、大学教授など名だたる方々39名が発起人株主として出資。 学生がより主体的にかつ納得した就活をできるように、また学生と経営者による魅力的な化学反応を世の中にもたらすことを目的とした、ITおよびAIを駆使したマッチングプラットフォームの開発運用事業を立ち上げる。

現在の仕事についた経緯は?

中学生のときに、同級生がかなり個性的で、無個性な自分に急に恐怖心が芽生えました。自分って何だろうと考えたときに、リーダーになることが個性だと考えたのです。クラスではもちろんですが、部活動でチーム作りの一環として、リーダーシップやチームビルディングを学び、いろいろなリーダーの在り方を自分も試行錯誤しながら経験しました。大学進学後、学生団体のAGESTOCKの代表として活動する中で、チームビルディングから経営へ興味が広がっていきました。その活動で知り合ったある経営者の方へ、就活相談をお願いした際に、「起業をしてみるのはどうか?」と言われ、起業が初めて明確なものになりました。一日悩んだ末に、大手にはできない完全無料の就活サービスは、まだ22歳で社員を雇わない自分にしかできないと感じ、その日のワクワクと衝動は抑えきれず、起業をすることを決意しました。2019年4月に会社を設立、2019年9月にプロダクト(α版)をローンチしています。

仕事へのこだわり

これからよりこだわりたいことではありますが、スピードが命です。自分が面白い、と思ったことに対して、迷わず飛び込むこと。このスピード感が必ず成功の近道だと思っていますし、だからこそ、興味のないことに対しては極力しないことも自分の一つのこだわりかもしれません。長い目で見て、自分が信じたことを続けられる環境や考え方を優先しています。
起業をしてみて、自分の周囲の人の関わりがあってこその、この仕事なのだと感じる場面が多々ありました。時間でも、お金でも、気持ちでも、自分自身に投資していただけることへの感謝は日に日に大きくなっています。どんなことでも丁寧に向き合い、しっかりとした成果で残すことが皆さんへの恩返しです。『大学生起業家』という肩書きが無くなってからが、特に自分にとっての勝負どころです!

若者へのメッセージ

自分がこのタイミングで起業をしたのは「偶然」です。しかし、どんな出来事もその偶然の積み重ねでしかないと思います。なので、自分にそのタイミングが来た時にきちんとチャンスを掴めるよう、日々準備をしておく必要があります。偶然的チャンスを必然的に呼び込んで掴む、その意識はあって損はないのではないでしょうか。
自分もまだ若者の部類なので、一緒に面白いことがしたいです!一人で悩むより、みんなで課題に向き合ったほうが影響力の大きいことができるはず。個性を強要される時代だからこそ、気の合う仲間と一緒にその個性以上の価値を生み出したい。そんな仲間を探しています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。