THE ROOTS

INTERVIEW

全力で賢いバカ

本多遼太朗

株式会社ユーロフパートナーズ本多遼太朗

略歴

東京大学工学部都市工学科卒業。専攻は不動産市場分析。在学中からWeb開発やメディア運営の経験を積む中、個人の金融教育の重要性をより強く感じ、同大学院を中途退学して現在の株式会社ユーロフにジョイン。お金のオンラインスクール「カネスタ」では、1000人以上の受講生に資産運用の考え方を教える。24歳で1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)を取得。企業型確定拠出年金の導入コンサル事業を行う株式会社ユーロフパートナーズをスタートし、現在代表を務める。

現在の仕事についた経緯は?

金融教育後進国の日本では「お金について学ぶ」ことが常識になっていません。既存の他社のサービスも、そのほとんどが既に資産を保有している年配の方や富裕層に向けたものばかりです。
しかし、お金を使うのはそういった人に限りません。特にこれからの日本を支える若年層ほど、お金に向き合い賢く生きることが重要であると感じました。
就活のレールに乗って大企業に勤めるよりも、金融教育の普及という時代を先取りした仕事に一刻も早く携わりたい、そう思い東大の大学院を中退しました。
現在代表として行っている事業は「企業型確定拠出年金」制度の導入・運営のコンサル事業です。この制度は、会社が従業員の老後のために掛金を出し、従業員自身がそのお金を運用するという新しい年金制度であり、この制度の普及を通じて、国や金融機関で頼らずに自分で自分のお金を考えることの大切さをより多くの人に伝えるべく、日々活動しています。

仕事へのこだわり

私が考える仕事とは、何かの分野で常にプロフェッショナルであり続けることだと思っています。
「井の中の蛙 大海を知らず」ということわざをご存知だと思います。狭い視野だけで物事を見ていると広い世界があることも知らない、という否定的な意味合いで用いられています。
しかし仕事においては、たとえ井戸の中の存在だとしても、まずはその中でトップの「蛙」になることが大切だと私は考えています。何も知らない蛙がいきなり外の広い海を見たところで、ただ潮の流れに振り回されれてしまうだけでしょう。自分の目指すべき目標が明確に定まらず、所謂「意識だけ高い系」となるのが関の山です。
井戸の中でもトップの蛙になる、すなわち自分が身を置く環境(例えば職場など)で、少なくとも一つの分野で他人に負けない自信を持つこと。どんな些細なことでも構わないので、「自分がいなくなったら困る」と周りに思われる仕事やスキルを得ること、これが仕事のファーストステップだと考えています。
そして同時に大海という広い世界を知ることも大事です。身近な集団の中でトップであることは居心地が良いですが、それだけでは自分自身の成長が止まってしまいます。成長を辞めた人間は、それ以上の面白さや楽しさを仕事から得られません。
自分より優れている世の中のプロの方々は自分と何がどう違うのか、自分との差はどれくらいあるのか?これを認識して自分に足りない物をひたすら埋めていく、これを繰り返していくことが、より自分の価値を内的にも外的にも高め、より楽しく、より上質な仕事をするコツだと思っています。

若者へのメッセージ

若輩者の私がメッセージなんて偉そうに言える立場ではないのですが(笑)。私が一番大切にしてきたことは、人生の選択を全て自分で考え実行し、そしてその選択が間違っていないと信じ続けたことです。
東大とその大学院と現役で入ったのに中退する奴は、普通に考えれば「もったいない」と思われますし、余程のバカとも思えます。
でも私は研究よりも1分1秒でも自分自身のやりたい仕事をする楽しさに回したかった、だから全く悩むことなく退学することを決断しましたし、今振り返っても人生で最も良い決断だったと思います。
世界や社会が変わり続ける今、誰もあなたに「絶対的に正しい」アドバイスをしてくれる人はいません。世の中の全ての情報は、その発信者にメリットがあるから発信しているのです。あなたのためになる情報をタダでくれるボランティアはこの世の中にはいないのです。
だからこそ、自分で全てのことを判断し続けなければいけません。
正しいと思うこと、信じることだけを選択し実行に移せたのであれば、たとえ失敗したとしても大きな財産となるはずです。1分1秒、この瞬間もあなたの若い貴重な時間は失われています。資産運用もそうですが、新しいことを始める最適なタイミングは「今」以外ないのです。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。