THE ROOTS

INTERVIEW

継続は力なり

代表 梶本優

FRCHIS,WORKS代表 梶本優

略歴

岡山県生まれ、名古屋市在住。 工業高校を卒業後、名古屋へ移住。工務店と設計事務所へ勤務し、2015年4月に独立し、FRCHIS,WORKS(フリーキスワークス )を設立。 インテリアデザイナーとして、あらゆる建築物に関わる。 2019年東京都港区にも拠点を構え、活動範囲を拡大し、各メディアへの露出・ラジオパーソナリティを務める。

現在の仕事についた経緯は?

23歳の時の結婚がきっかけでした。
先を見据えて、単に給与面だけではなく、やりがいのある仕事に転職したいと考えた際に、ふと高校生の時に、地元の友人とよくインテリアショップへ行っていたことを思い出しました。購入した雑貨で、部屋を飾ることが楽しかったのです。また、夏休みなどの長期休暇になると新聞紙の裏紙に部屋の模様替えをするための配置図みたいな物を書いていました。全く知識がないながらも考えることが楽しく、こういったことを思い出して、この業界に未経験者として転職したのがきっかけです。
その後、工務店に勤務し、激動の日々が始まりました。かなりの激務で、最初は、畳の表替えや襖の貼り換えを毎月20件以上も担当することもありました。経験を積むにつれて、役職も付き、最終的には大規模なリノベーションも任されるようになりました。
その案件をやり切った後に、大きな達成感に包まれて、次は新築を勉強したくなってしまいました。そして、設計事務所に転職します。転職した先では、新築の注文住宅を思う存分経験したかったのですが、自分が思った程、経験することはなく、改装工事を担当する割合が多かったです。
設計事務所に勤めて3年ほど経つ頃、リフォームをメイン業務にしている店舗への転勤が決まり、同時に独立の決意をしました。
この業界に入る時に迷ったことがあって、空間をデコレーションするための雑貨などを卸す会社へ転職するか、空間を創る会社へ転職するか。このことを思い出して、両方取り入れた組織として、自由な発想をコンセプトに、FRCHIS,WORKS(フリーキスワークス)を立ち上げました。

仕事へのこだわり

現在行っている仕事について、1から10まで全て、1人のお客様を担当することはこだわっております。通常デザイナーが現場をみたりすることはないのですが、私は机上だけではなく、実際に実際に現場に赴き、作業を細部まで確認します。それはお客様のためで、担当としての責任であると思っているからです。お仕事とはあくまでも「人」対「人」であるからこそ、信頼される人になっていかなくてはいけません。任せて良かったと思っていただくためにも、全ての工程に責任を持って仕事に取り組むべきだと思います。ただその中に必ず「ユーモア」が必要になってくるので、そこには常にデザイナーとしてこだわりをもって取り組んでいます。

若者へのメッセージ

受け身ではなく、積極的に動いて欲しいです。失敗もたくさんすれば、成功も同じだけすると思っています。失敗は、若い内にたくさんした方がいいです。自分なりにする努力も、誰かが見ています。捻くれずに努力し続けることが、大切です。是非、自分自身のファンがたくさんできるような努力をしてみてください。遊んだ時間の倍の時間働くことを、私は大切にしています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。