THE ROOTS

INTERVIEW

中庸

宇井千穂

やさしい美容皮膚科・皮フ科 秋葉原院宇井千穂

略歴

1990年準ミス日本受賞。全日空客室乗務員を経て、北里大学医学部を卒業し、現在、皮膚科医、美容皮膚科医として勤務しています。 皮膚科医としては、活性酸素とSODの研究による天然の治療薬を使い、アトピーを中心とした皮膚疾患を診ています。 美の研究も行い、美容皮膚科医としての医療も提供しています。 web雑誌での連載やサプリメントや化粧品の監修などでも、多方面に活躍の場を広げています。 病気だけを診るのではなく、一人の人間として患者さんに携わっていける医師を目指しています。 アトピーという皮膚疾患だけでなく、先天性異常である18トリソミーやダウン症などの患者さんを取り巻く環境も考え、偏見をもたれやすい疾患に対しての活動をも行っています。 夫:宇井睦人は総合診療医

現在の仕事についた経緯は?

銀座のクリニックで美容皮膚科を診察して参りました。
また、皮膚科医としてアトピー性皮膚炎を中心とした皮膚疾患を診ています。
本や雑誌の執筆をはじめ、web雑誌での連載やサプリメント・化粧品の監修などでも、多方面に活躍の場を広げています。

仕事へのこだわり

娘が18トリソミーで天国へいってから、先天性異常や偏見をもたれやすい疾患の患者さんを取り巻く環境も考え、全ての方々が生きやすい世界になるよう活動を行っています。

病気だけを診るのではなく、一人の人間として患者さんに携わっていける医師を目指し、努力していきたいと思います。

若者へのメッセージ

一度きりの人生に感謝をして、自分らしく、楽しく、心に幸せを感じて生きていけたらよいですね。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。