THE ROOTS

INTERVIEW

不動心

矢口大地

Medical Fitness LIFT矢口大地

略歴

秋田看護福祉大学卒業し、看護師と保健師の国家資格を取得。新卒で某大学病院に勤務。2年間精神科に勤務し、4年間集中治療センターに勤務。2019年7月に医療と運動を掛け合わせたフィットネス、Medical Fitness LIFTをオープン。

現在の仕事についた経緯は?

生活習慣病で亡くなってしまう方を実際目にしてきて、そういった方々を減らしたい。少しでも多くの人の命を救いたい。誰もがリーズナブルに利用できるようになれば、多くの方が利用でき、多くの方々に手を差し伸べることができる。
運動で自分自身も健康になれた、ストレス発散にもなって充実した睡眠も得られる。そういった情報も広めたい。

仕事へのこだわり

収益よりも人のためになるようなことを優先して実施してきた。フィットネスジムを利用してお金を頂いてるだけじゃ、普通のフィットネスジム。+α付加価値をつけて、さらに、お客様から『このジムを使わせてもらってありがとう』という意味でお金をいただけるように意識している。
自分の時間を削ってでも、お客様が喜んでいただけるのであれば無償で出来る限りのことをしたいですし、1人でも多く健康になっていくのではあれば自分の存在意義があると感じている。

若者へのメッセージ

一度きりの人生をどう生きるは自分次第です。やりたいことやって楽しく人生を終えるのか、やりたくないことやってストレスを感じながら人生を終えるかを決めるのは自分です。踏み出す一歩は非常に勇気がいりますが、踏み出さなければまず何も始まりません。全力でやったことは失敗したとしても必ず自分の今後に生かされます。何事も挑戦。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。