THE ROOTS

INTERVIEW

諦めない

小川剛

ホリスティック医術学院・小川カイロ&ヘルスケアジム小川剛

略歴

近畿大学 商経学部卒業。新卒で医薬品卸会社に入社。MSとして病院、開業医院を15年営業担当。会社勤務の傍ら、トレーナー、整体、カイロプラクティックの勉強を行い、退社後、独立開業を目指し更に勉強の範囲を広げ、2年後「小川カイロ&ヘルスケアジム」を開業。施術院にて、一般の方々の腰痛や肩こりなどの改善施術や、日本のトップアスリート等の施術を行う傍ら、国体大阪選抜チーム、実業団 東洋アルミ バレーボールチームのトレーナーを務め、大阪福祉専門学校、平成スポーツトレーナー専門学校、大阪商業大学高等学校、国際総合医術学院、メディカルフィットネス協会、堺市教育委員会などで講師活動を行い、現在、小川カイロ&ヘルスケアジムの施術院院長と、ホリスティック医術学院の学院長を務める。

現在の仕事についた経緯は?

会社員時代、当時バレーボールで肩を痛め、病院や様々な療法で治療したが、思うように良くならず手術を勧められたが、最終的には昭和大学リハビリテーション病院での理学療法と米国発祥のカイロプラックティック療法で治ったのと、ギックリ腰、腰椎ヘルニア、変形性脊椎症、腰椎すべり症、慢性腰痛症といったフルコースの慢性腰痛持ちで、常に痛みがあったが、やはりカイロプラクティック、ストレッチ等の運動療法を勉強していくことで自身の腰痛が良くなることを実感できたので、対処療法しかされていない医療機関では治せない疾患は、私の経験した療法を使えば必ず改善させることができ、人に感謝され人助けになる仕事をしたいと考えました。

仕事へのこだわり

アメリカではカイロプラクターは医師であり、世界80カ国で医療従事者として治療に係わっています。しかし、未だに日本では民間療法の位置づけであります。
その為に、開院している先生の医学知識はかなり差があると思います。
私自身、薬品会社に勤めていたこともあり、入社時には解剖学や薬理学の研修を受け、劇薬や毒薬等を運搬する免許の為の講習、毎年60時間以上の薬事講習、各メーカーの解剖学と薬の勉強会などで1年あたり200時間。15年間で約3000時間の勉強と試験を受けてきました。会社務めしながらカイロスクールに通っていた時も、解らないことは直接訪問先の病院のドクターに教えて頂いたりして勉強しました。その後も米国カイロプラクティックドクターの勉強会に多数参加したり、運動療法を行う為に、理学療法士の先生にも教えて頂いたり、資格も厚生労働省の健康運動指導士、アメリカの難関といわれるNSCA認定のCSCS(トレーナーのスペシャリスト)やトレーニング指導士、その他 民間療法の資格を多数取りました。民間療法だからと言って医学知識をおろそかにしてしまっては、人の身体を触る上で欠かしてはならない事ですし、知識なくして対応できるはずがないと考え、どの先生にも負けない医学知識を身に付け、日々の仕事に活かしています。
開院後も難しい症状の方に当たる度に勉強し続け、今では殆どの難しい症状も改善が可能となりました。
それが評判となって、他府県からも多数口コミで来院して頂けるようになり、「神の手を持つ施術家」として本で紹介された要因と考えております。

若者へのメッセージ

これからの未来も絶対欠かせない産業が2つあります。
1ツは食品産業です。生きていく上で食物はなくてはならないものです。
2ツ目は、医療・健康産業です。病気・ケガ等、これも絶対なくなる事ははありません。
紛争地域であったり、 災害地であったり、必ず食物の確保と医療は確保しなければ命を落としてしまいます。
我々のカイロプラクティック・整体業と言うのは、病気や痛み、スポーツによるケガの予防であったりを改善させる事ができる健康産業の1ツなのです。
病院等の医療機関でレントゲン等の検査をしても痛みの原因が分からなかった症状が我々の療法で改善できることが多々あります。
要するに、現代医療の補完医業と言われている産業なのです。これからも先 必要とされ、絶対なくなることがない医療・健康産業である我々の職業も選択肢の1ツとして考えて頂き、この整体療法を多くの方達が学んで下されば幸いです。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。