THE ROOTS

INTERVIEW

勘と運と縁

土屋雅之

株式会社ZOE土屋雅之

略歴

1968年生まれ 高校卒業後、大型グループサロンに入社。 22歳で店長を経験し、26歳で全国優勝。 28歳でCMC世界大会メダリスト。 29歳でブランドサロンの総責任者に抜擢。 20名からスタートして5年で11店舗300名まで成長する。 2006年5月「株式会社ZOE」設立。 2009年9月「Aio-N GINZA」独立オープン コンセプトに「美容室の新常識」を提案。 2019年11月「美容家土屋雅之オンラインサロン」DMM.comから配信スタート。 全国の美容師に「本質と新常識」を提案。

現在の仕事についた経緯は?

幼少期に小児ぜんそくで身体が弱く絵を独学で描くようになる。
団体行動が苦手で将来「手に職」をつけたいと思うようになる。
高校時代に「美容師」になることを決意。
「5年で店を出す」目標をつくり
高校卒業後、大型グループサロンに入社。
「3年で技術を修得し、残りの2年で経営学を学び5年後に独立出店」を目指す。
3年で技術を修得し、4年目で店長に就任。
自分の意見に価値をつける為にコンクールで全国優勝してから独立する目標に変更。
26歳で全国優勝し28歳の世界大会に出場。
独立準備に入る。
このタイミングで社長から名古屋に社運を
かけたブランドサロンの総責任者の話をいただく。
29歳名古屋からブランドサロンの総責任者として「名古屋巻き」を開発し東京進出。
35歳には東京→名古屋→岐阜に11店舗300名
まで成長する。
40歳で「Aio-N GINZA」を独立出店。
「美容家」として
○ サロンブランディング
○ 企業コンサルティング
○ 商品プロデュース
「ヘルスコンシェルジュアカデミー」設立。
等の外部活動に事業拡大し、現在に至る。

仕事へのこだわり

美容師の仕事は
美容室で完結するのではなく
「お客様の365日をコーディネートする」
が本質です。
その為にはお客様に
「自分でできる化」を提案する
「知識と技術と商品」が必要です。

技術はできて当たり前です。

超一流の美容師は
① カウセリング力
② コーディネート力
③ プレゼンテーション力
を身につけた人格者(美容家)だと思います。

若者へのメッセージ

次世代リーダーのみなさんへ

練習とは
「誰もできないことが練習することで
できるようになる」ことが練習の本質です。

「1回やって駄目なら100回やってみる」
気持ちになることが大切です。

「100回やってみる」とは
「100回の失敗をすること」

「100回の失敗をする」とは
「100回の発見をしたこと」

「100回の発見をした」とは
「100回のやり方が財産になること」

「100回のやり方の財産」は
「100人の人を幸せにできること」

「100人の人を幸せにできる」とは
『経営者として大成します!』

「失敗」は「発見」です!
失敗を恐れず、発見だと楽しんで!

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。