THE ROOTS

INTERVIEW

不撓不屈

大野兼司

株式会社トップ・マネジメント大野兼司

略歴

略歴: 都立高校卒業後、大手金融会社へ入社。2年間でノウハウを吸収し、金融会社を設立し独立。
2006年の貸金業法改正に伴い、金融業を廃業し、新たに経営コンサルタントとして中小零細企業の資金調達を担う傍ら、欧米諸国で当たり前に行われていたファクタリングを日本の中小零細企業の資金繰りとして活用出来ないか考え、今から10年前に日本で初となる2社間ファクタリングサービスを提供するファクタリング会社を設立。
現在までで4万5000社を超える中小企業零細企業の売掛債権の買取実績、総買取額は100億円を超える。

現在の仕事についた経緯は?

元々金融機関で勤めていた際に非常に多くの中小企業の経営者の方と懇意にさせていただいておりました。
2006年貸金業法改正から、一気に貸金者業者が倒産し、中小企業の資金注入の担い手が減少し、同時に資金繰りに困る中小企業が多発しました。勿論、そういった経営者からの依頼が殺到しました。
何か支援できることはないか、何か資金注入方法はないか、日々考えていた中で「ファクタリング」という手法を知って、始めたのがきっかけです。

仕事へのこだわり

至誠を尽くすことです。
"至誠"とは「この上なく誠実なこと」
弊社にご依頼いただくお客様は、資金繰りで困ったり、何か課題があり、お越しいただけます。
折角お越しいただいたにも関わらず、解決できなかった時のお客様を見たくありません。
ファクタリングで何かできないか、何かお客様が資金を持って帰っていただく方法はないか、を最後まで至誠を尽くして考え抜くことをこだわりとしています。

また、当時勤めていた金融会社では、法人接客営業という仕事のスキルを上げる為、社内の営業マンとは違う営業方法を考え実践してきました。
例えば、会話の中でお客様から引き出した趣味趣向やお客様の会社の現状を事細かにノートに纏め、お客様の考えている事をこちらが先回りして考える事で様々な提案を行い、気持ち良くサービスを受けられるよう徹底して参りました。そうした事を地道に行った結果、営業成績は常にトップを維持し続ける事が出来ました。

もちろん営業という仕事柄、スランプなどを経験した時期もありました。
そんな時は、初心に戻り何が自分に足りなかったのかという事と向き合う事で、新たな可能性が見出せました。営業という仕事は、常に自分との戦いです。
気持ちが折れないよう常に心を鍛え仕事と向き合えば必ず成果は後からついてきます。

若者へのメッセージ

これからの時代、AIが人の仕事を奪ってしまう事も増えてくると考えられます。
しかし、コンピューターには絶対に真似出来ない、人間としての発想力や豊かな感情を高めていく事でこれからの新時代を生き抜いていってもらいたいと強く思います。
どこの企業でも重宝される人材は1を2に出来る人ではなく、0を1に出来る人です。
弊社では、ファクタリングという業務を通じ、豊かな発想力を身につける人材育成にも注力していきます。

これから社会に進出される方々も、AIに負けないよう強い信念を持ち頑張って頂きたいと強く願います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。