THE ROOTS

INTERVIEW

天は自ら助くるものを助く

鴨井大典

なごやEVTクリニック鴨井大典

略歴

名古屋大学医学部にて博士号取得。国立国際医療センター、小倉記念病院を経て名古屋共立病院に赴任。副院長、循環器・ASOセンター長を歴任し、国内外で心臓・末梢血管の血管内治療を指導。世界初の痛み治療を開発した奥野医師とともにオクノクリニックの開設に尽力し、中部地区初の運動器カテーテル治療専門施設を開設。 中部地区最大の下肢救済ネットワークであるCLINCH(Clitical Limb Ischemia Network in CHubu)代表世話人 名古屋大学血管外科非常勤講師 大垣徳洲会病院循環器内科非常勤顧問

現在の仕事についた経緯は?

長引く痛みの原因であるモヤモヤ血管の治療は、世界で初めて日本で開発されましたが、
この治療は高い血管内治療技術と、痛みに関する深い知識が求められるため、適切に提供できる医師はごくわずかです。
ほんの数年前まで、関東のごく一部の地域でしか治療を受けることができませんでした。
この治療に携わる中で、治らない痛みで苦しんでいた方々が元気な笑顔を取り戻す姿を何度となく目の当たりにしたことから、ぜひともこの治療をもっと多くの人々に受けてもらいたいと思い、中部地区の基幹施設となるべく名古屋で開業しました。
長年、カテーテル治療の最前線に身を投じ、多くの医師の技術指導も行ってきた自分自身が新たなフィールドに身を捧げることで、後進の道を切り拓いてゆくことができればと思っています。医師人生の最後の大仕事として、やり遂げる覚悟です。

仕事へのこだわり

生涯一臨床家であり続け、有限の存在である自分を極限まで使い果たしたいという想いで仕事と向き合っております。

若者へのメッセージ

こどもの頃の純粋な心を忘れずに、好奇心を持ってなにごとにもチャレンジしてもらいたいです。
自分を信じる、あきらめないなど大切なことはいくつかありますが、『小さな努力を長く続ける』こと、それこそが成功の秘訣です。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。