THE ROOTS

INTERVIEW

縁のあったお客様は絶対に倒産させない

野呂泰史

NBCコンサルタンツ株式会社 野呂泰史

略歴

1978年生まれ。北海道札幌市出身。2018年より札幌観光大使就任。2017年5月よりNBCコンサルタンツ(株) 代表取締役社長就任、NBC税理士法人 代表税理士就任。2019年4月よりNBC資金を増やすコンサルティング(株) 代表取締役社長就任。

現在の仕事についた経緯は?

大学4年生の頃、大学の履修要件を満たし、時間を持て余し気味だったところ、創業者である父(現会長)から「東京支社(現本社)で、手伝ってみないか?」と声をかけられたのが現在の仕事についた経緯です。生まれてからずっと札幌に住んできましたので、東京への憧れもあったのかもしれませんが、本当に気軽な気持ちで手伝い始めたのが経緯です。

ときどきお客様の社長や後継者、応募してくださった求職者の方から、同様の質問を受けます。おそらく「(後継者として)相当な思いをもって入社したのではないか?」と思い質問していただいていると思うのですが、当時はそんなことも考えずに、軽い気持ちからついた仕事でした。そしたら、足が抜けなくなってしまった・・・(笑)というのが偽らざる経緯です。

仕事へのこだわり

当グループは、東京・札幌・仙台・名古屋・大阪・福岡に支社を構え、特定のエリアや業種に関係なく、税務・会計そして経営コンサルティングなどを通じてお客様の経営改善を支援しています。縁のあったお客様1社1社に対して、真剣に熱くぶつかっていくスタイルが当社のスタイルであり、自社で実践し成果がでたことをお客様に提供してきました。支援先には業績の良い会社もあれば、業績の厳しい会社、資金繰りの悪い会社もありますが、どのような経営内容の会社であっても、真剣にぶつかっていくことで、会社は良くなると信じています。

お客様から「NBCさんは泥臭い」「NBCさんは他のコンサル会社とは真剣さが違う」という言葉をよくいただきます。そして「NBCさんは誰が来ても同じように厳しく、熱く接していただける」とも言っていただきます。このような声をいただけるのは、創業来30数年間実践してきた、真剣にぶつかっていくスタイルが社員に脈々と受け継がれているからに他なりません。今後も「熱さ」を武器に、そして経営の羅針盤ともいえる「計数」を武器に、縁のあったお客様を良くしていきたいという思いで、真剣にぶつかっていくスタイルを貫きたいと思います。

社長の良き相談相手であり、時に温かく、時に厳しく接するパートナーのような存在を目指していきたい。そして、全国の企業・社長を元気にし、社会を活性化させていくことを本望にやっていく所存です。

若者へのメッセージ

若い時は「大いに挑戦し、大いに失敗して欲しい」というのが私の考えです。それにより大きく成長することができるのです。挑戦しない人は、失敗をしない代わりに成長もしません。当グループでは、新卒含め若い社員を多数採用しています。そして常々言っていることは、お客様にご迷惑をお掛けしないようにすることは大前提ですが「失敗するなら、思いきって失敗しろ」ということです。失敗を恐れて何もしないより、大きく失敗しても挑戦した方が本人の成長に繋がるからです。1度しかない人生です。「やらない後悔」は絶対して欲しくないですね。大いに高い目標を設定し、本気で挑戦して欲しいです。「努力している人を運命は裏切らない」。本気で挑戦し、本気でぶつかっていくことで人生の活路が見いだせるはずです。学歴や経歴等に関係なく、どの人においても、人生の成功、幸せになるための秘訣といえるのではないでしょうか。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。