THE ROOTS

INTERVIEW

自ら機会を創り出し、機会によって自らを変革せよ

池田孝二

株式会社 大伸社ディライト池田孝二

略歴

関西学院大学経済学部卒業。新卒で某大手製薬会社にMRで入社→某大手人材総合サービス会社へ転職し就職サービスサイトのプロモーションに従事→2006年より大伸社へ転職し現在に至る。

現在の仕事についた経緯は?

自分の作ったもので人の心を動かすことが幼少時代から好きで、新卒の就職時にはテレビ局や音楽関連企業、CMの制作会社を志望していたが希望は叶わず、一旦は製薬メーカーに営業職として就職したが何か物足りない日々を過ごし転職。2社目の大手総合サービス会社でプロモーション業務に携われたことで、モノづくりにかかわる仕事へのの思いが再度膨らみ、グラフィック・WEB・空間デザインとマーケティングを融合した根拠あるデザインに強みを持つ大伸社と出会い3度目の転職。主任プロデューサー兼営業としてスタートし、マネージャー→執行役員→代表取締役社長に至る。

仕事へのこだわり

新人時代から常に自分が経営者であればどう考え行動するかを軸に自分の行動を選択してきた。自分の手掛ける仕事に対してはクライアントやその先のユーザーを喜ばせ満足させるには何が必要かを考え業務に取り組んできた。また2社目の大手総合サービス会社にて【自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ】という社訓とそれを実際に実行できている多くのスタッフに大変感銘を受け現在の会社でも自分はもとより社内スタッフに向けこのメッセージを発信し、1人1人が昨日より今日、今日より明日成長しているような企業を志している。社名の【大伸社ディライト】の【Delight ※大いに喜ばせる、うれしがらせる、楽しませる】を実行できそのことによって自分たちも【喜べる】ような素敵な会社にしていきたいと考えている。

若者へのメッセージ

私の座右の銘は2つあり【自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ】と【人間万事塞翁が馬】である。この2つの言葉は社会人になり現在に至るまでの人生において心に響いたものである。

1つ目の【自ら機会を作り出し、機会によって自らを変えよ】は自分の頭で考え自分で歩み出すことで常に進化成長を続けられ、ワクワクした人生を送ることができると私は思っている。

2つ目の【人間万事塞翁が馬】は人生の幸・不幸は予測しがたく、幸運も喜ぶに足らず、不幸もまた悲しむにあたらないとのたとえですが、今良いと思っていることが後に悪いものを招いたり、逆に今悪いと思っているものが後に良い結果をもたらしたりと人生において幸不幸何が起こるか分からない。その時に自分のベストを尽くしておけば悪い方に行く確率は低いと思いながら行動しています。

若い方たちには早い段階から上記のことを心がけ、失敗を恐れず、努力を惜しまず、前を向いて、自分の意志で変革し続けられるような素敵なビジネスマン人生を送って欲しいと思います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。