THE ROOTS

INTERVIEW

なんくるないさー

清水睦久

有限会社 東海道薬局清水睦久

略歴

北陸大学 薬学部薬学科を卒業後ドラックストアに入社。その後調剤薬局を数店舗経験し、東海道薬局を開局。

現在の仕事についた経緯は?

中学生のころから資格を取れる職種に就きたいと考え薬学部を希望。卒業後、製薬メーカーの営業、病院の薬剤師、鍼灸の免許を取得して、並行して漢方薬を販売したい等色々な考えはあったのですが、実際に一番身近で相談される機会が多いドラックストアに就職を決めました。人とたくさん関わりたい思ったからでした。ドラックストアに勤務したことで、初めて接客の大切さを覚えました。薬局で処方箋の薬をもらった時あまりにも嫌な対応をされ、薬剤師としてもっと親しみやすく相談できる薬局があればいいのにと感じ転職を決意。保険調剤に転職。サービスの向上を求め続けた薬局を自分で作るのが一番早いと思い薬局を開業してしまいました。

仕事へのこだわり

「ありがとう」この言葉を最高の言葉と感じております。自分が誰かに伝えても、誰かに言われても最高に気持ちの良い言葉です。
自分の中のずっと持っていたこだわり。「ありがとう」と言っていただけるような仕事をしていこうということだけでした。
誰かに「ありがとう」と言っていただくためにはその場だけでなく色々なところに気づき行動できなければ言っていただけません。
うわべだけの行動ではなかなか「ありがとう」は頂けませんでした。
心の底から相手の事を思い、相手が何を求めているか感じ、そして誰よりも先に動く。簡単そうで非常に大変なことでした。
しかしその努力も「ありがとう」の一言をいただけると苦痛ではなく楽しい努力に代わっていきます。楽しいのでつらい、苦しいとは思わないのです。次の「ありがとう」のために今度はなにをすればよいか。
そう考え、また次の行動を始めるようになっていきました。
自分から「ありがとう」の発信も大切です。自分一人で出来ることは限られています。私も若い頃は自分一人でもどうにかなると思っていた時期もありましたが、今は絶対そうは思いません。当たり前の毎日に感謝。周りにいてくれる人達に感謝。可能な限り「ありがとう」を発信するようにしています。
このようにして「ありがとう」が循環していき「ありがとうの輪」を広げていくように日々努力しています。

若者へのメッセージ

現在、輝いている若者たちは沢山います。
しかし、何となく最近の若者のイメージが、無駄な努力はしたくないようなイメージがあります。
最近の若い方たちの働き方、考えた方、やはり昔ととは変わってきているのかな?と感じることもあります。
輝いている人、頑張っている人と何が違うのでしょうか?
やる気のある人が少なくなってきたのではないか?
夢のある若い人が減ってきたのではないか?
それは、世の中が面白くなくなったのではないか?
自分が犠牲になって働いても結果はついてこないから?
仕事より自分の楽しみ、生活を優先したいから?
いろんな原因を考えますが、本当の理由は私にはわかりません。
ただ、私が若者に言えることはただ一つ。
一生懸命努力しなければ、自分の目標は見えてこないということです。
頑張れば、頑張るほど足りないことがたくさん見えてきます。
足りないところを補うために頑張れば、また足りないところがまた見えてきます。
それを繰り返していくうちに自然と成長していきます。
そして輝いていきます。
まだ、楽しい、頑張りたいと思うものに出会えてないだけではないのでしょうか?
なんでもよいので自分のやりたいと思ったことを、とことん頑張ってみてください。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。