THE ROOTS

INTERVIEW

It is not how much we do, but how much love we put in the doing.

北原望

あかりこどもクリニック北原望

略歴

人間教育をモットーとする自由学園普通科・高等科を卒業。同学園最高学部1年修了時に医学部進学を目指し退学。杏林大学医学部卒業。栃木県済生会宇都宮病院初期臨床研修過程終了。慶応義塾大学医学部小児科学教室入局。慶応義塾大学病院後期臨床研修過程終了。栃木医療センターを経て、2017年にあかりこどもクリニックを開業。小児科・アレルギー科専門医として地域医療貢献を行っている。また、自身は4人の子どもを持ち子育て奮闘をしながら、それぞれの家庭での生活を充実させることで心のこもったケアは可能であるという信念のもとに真のライフワークバランスをスタッフとともに模索している。

現在の仕事についた経緯は?

私の家系に学者が多く、何かしら研究をしていく人になりたいという漠然としたものがありましたが高校生までは将来はあまり考えていませんでした。高校卒業後、ネパールの植林活動に参加した際に、付き添いのドクターが簡易診療所を開いて子ども達を診察していた風景を見て『これだ』とピンと来るものがあり、医学部受験を決意しました。小児科を選んだ原点もその風景の中にあります。医師になってからは、結婚をし家庭を持つことになり、小児科医と子育ての奮闘の中で、子育ての中にこそ小児科医として大切な心が育まれてくることに気づかされました。自身の子育てと小児科医としての仕事の両立。その循環を作り出すためにクリニック開業を行う決意をしました。

仕事へのこだわり

小児科において、本当に治療が必要とされる患者は1割ほどです。外来に来る9割の患者は何もしなくても治ってしまう元気な子ども達です。まず、その1割を見逃さずに医療介入を行えるかどうかが大切です。そこには常に新しい知識を取り入れ最良の医療を提供とする情熱が必要です。また、何もしなくてもよい9割の患者の親御様の不安を取り除いていくことも小児科医としての大切な仕事と考えています。そこには、親御様の不安に寄り添う想像力と応えようとする心が必要とされます。私は若く血気盛んだった頃に家庭生活を犠牲にする過酷な労働環境にある医療現場に疑問を持ち上司に衝突。職を追われ窮地に立たされました。その際に私を信じてくれた妻の姿が今の私の原点です。身近に愛する家庭での生活があってこそ医療は成り立つ。そして、目の前の患者様にひとつひとつ心から向き合っていくこと。それが、私の理想とする小児科医の姿です。

若者へのメッセージ

失敗したことや辛かったことも含めて一人の私という人間を紡いできてくれた過去に対して感謝することができる。そして、前を向いて新しいステージに希望を持って進んでいける。このことはその人にとってとても幸せなことだと思っています。そこでキーになってくるのは価値観です。価値観は様々な経験から生まれます。この世に無駄なことなどひとつもありません。どんな経験も明日に繋がっていくものになります。行動を起こして、様々な人と出会い、様々な物に五感で触れる。時には立ち止まって考える。若いからこそエネルギーをどんどんぶつけていってほしいと思います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。