THE ROOTS

INTERVIEW

進路。それは例え辛路だとしても、自分が信じた信路ならそれが真路

久保わたる

アライアンサーズ株式会社久保わたる

略歴

大学卒業後、建設会社へ就職(東証一部 )。 その後、IT会社で東証一部上場成功に貢献する。 人事部門/総務法務/経理部門で約10年間サラリーマンとして従事する。 友人の将来を悲観しての自殺を契機にシニアライフを含む、ライフプランニング会社を起こすことを決意し、現在に至る。 <メディア出演> ■2018年 ・フジテレビ系例 ザノンフィクション「マキさんの老後」 ■2019年 ・鎌倉新書「月刊仏事」にお気軽なお葬式掲載  高齢者住宅新聞 お気軽なお葬式掲載 ・首都圏地域包括支援センター等で「終活講座開催」多数 ・その他多数メディア出演あり

現在の仕事についた経緯は?

「将来を悲観して自殺をした親友の死」
突然の出来事でした。私は当時29歳で所属していた会社の管理経営部門にいまして、仕事もプライベートも充実していた時期でした。
そんな矢先に起きた親友の死。
「長く生きても、いいことなんてない」それが彼の私への遺言でした。

将来、祖父や父のように会社経営を考えていましたが、この事件がきっかけで「高齢者向けのサービスを起こし、働く現役世代が将来を安心できるようなシニアライフサポートを事業にしよう」と決めました。

仕事へのこだわり

<まずはやってみる!挑戦する心を大切にする>
仕事だけでもなく、人生や人との交流も含めて、挑戦することを大切にしています。
当然うまくいかないことも多くありますが、トライ&エラーを繰り返しながら刺激的で情熱的に物事に取り組むタイプです。
※大学時代、合コンで100人集めたり、新規サッカーサークルで40人集めたり、お祭りごとが大好きです。

行動力は人並外れている自信があります。
今も昔もプロジェクトの仕事を得意としています。
仕事を組み立てて、皆で盛り上げていくことに生きがいを感じています。

30歳を超え、知恵も少しついてきました。
それをブラッシュアップさせながら、従業員/お客様/お取引先や提携会社様に喜んでもらえる仕事を今後もしていきたいと思います。

<感謝と奉仕の心を大切にする>
実は前職の企業理念です。
親や家族、友達、学校、同僚、上司部下などから、多くの恩恵を受けたと思っています。
良くして頂いた方々に感謝と奉仕をすることを忘れないようにしています。
実は仕事も同じでこれが好循環を生む秘訣だと思っています。

若者へのメッセージ

現在34歳の私よりも、目上の方が多いので謙虚で思ったことをお伝えさせて頂きます(笑)

私が常日頃大切にしている考え方をお伝えします。
「やらない」もしくは「やりたくない」理由を並べるのではなく、「どうしたら出来るか」「やればプラスなこと」を極端に肯定的に考え、自身と周囲のやる気を引き出すことを習慣にしています。

体力的な理由などで「やらない理由」を年々人は並べる癖があるように思えます。
しかし、人生を楽しく生きることや人の気持ちに寄りそうことは、雰囲気づくりを含めたポジティブな影響力を持つことだと思います。

そのようなリーダーが増えることで、会社・社会・そして日本や世界を皆で変えていきたいものです。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。