THE ROOTS

INTERVIEW

不撓不屈

小島佑司

株式会社セルビスタ小島佑司

略歴

1989年日本の豪雪地帯、新潟県妙高に生まれ、3歳からクロスカントリースキーを開始、中学3年でJrオリンピック優勝。高校時代はインターハイ優勝。日本大学文理学部体育学科在学中には、学生チャンピオン大会の個人の部で2冠し2012年卒業。 プロスキーヤーとなりフランススキーチームに参戦した後、トレーナー国際資格NSCA CSCS(日本のトレーナー約50万人といわれる中で約300人が保有)を取得した。現役引退後、アスリートとして極めて来たクロスカントリースキーの4支点バイオメカニクスをヒントに、高齢者向けエクササイズ「stickcise」を考案。高齢者の予防医療や未病対策を目指したオリジナルメソッドで、世界の高齢者社会に貢献するFitnessを目指す。スティック運動の専門家として、2019年1月、巣鴨に15坪のパーソナルトレーニングジムを開設。オープンして間もなく新聞やマスコミ取材をいただくようになり、現在巣鴨タウン誌にてコラム「健康手帳」を連載中。

現在の仕事についた経緯は?

怪我が私を天職に目覚めさせた。
懸垂が楽々70回できる肉体も、26歳の時についに悲鳴を上げた。肩を痛め治療院を転々としたが回復せず、中学時代に始めた独自の肉体改造のstick運動を試みたところ痛みは驚くほど早く回復した。同時期に肩を痛めていた祖母にも試したところ2カ月で効果があらわれ、1年通院していた治療院に通わなくて済むようになった。この時期私は、「引退後もスポーツを通じて何か社会に貢献できないか?」と考えていたさなか、「これはひょっとしたら??」という思いが強まり、stickエクササイズの本格改良を始めた。医師や研究者も取得するNSCA・CSCSという国際資格を取り、stickエクササイズの第一人者を自負する私は、研究を積み重ね活動をスタート。引退後に上京し新規スポーツジム監修の経験を重ねた末、ビジネスとしてstickcise専門店を開店。「挫折から生まれた杖」は、今や私のライフワークとして活動の場を拡げている。

仕事へのこだわり

理想は実現するためにある。
スキー競技はお金がかかる。地方サラリーマンの家に生まれた私は、現役アスリート時代、常に遠征資金難に苦しんでいた。それでもゴミ箱から拾ってきた道具で全日本学生チャンピオン二冠を達成したが、今思うと、活動資金13円の状況から必死に創意工夫を重ね3ヶ月で550万円の資金調達に成功し、逆境を超えて理想実現をしてきた。苦難にへこたれない私の人生には、幼少期と思春期に大きな2つの転機があった。

■5歳の修行生活
私が人生最初の転機を迎えたのは5歳の時、週末の2日間を祖父の家泊まり、5歳の私は昭和時代のスパルタ教育を体験した。上杉謙信の城下町・春日新田ある祖父の実家から城跡のある山頂まで片道5km・往復10kmの早朝山間走が1日の始まりで、この修業で5歳にして「生きて帰られた」という達成感を味わった。朝食のあとは、数学家の祖父の指導で暗算特訓の時間、更にその後は将棋6段の祖父と将棋を指した。祖父は負ける私に繰り返し敗因を考えさせた。この修業で私は、基礎体力・忍耐力・思考力・闘争心の全てを満遍なく鍛えられたように思う。

■中学時代3つの自己改造!「時間は人生の制約要因」
中学3年でJrオリンピック優勝という戦績を残したが、中学1年時は県内で100位程度の戦績であった。この時、中学生活も余すところ700日、日本Jrの頂点に立つべく自己改造を断行した。
➀日本一の目標に向かって、現役五輪選手や元日本代表コーチの門戸を叩き指導を仰いだ。
②部活の他に1日4時間の自主トレーニングを自らに課した。
③時間を創りだした・・・授業時間50分間の内、先生が黒板に字を書き説明をする30分間を独習時間にあて、スポーツ科学、生理学、栄養学、心理学、呼吸法などの書物を必死に読み続け、残りの20分間で黒板の内容をノートにまとめ丸暗記した。この勉強法で県内の偏差値66程の学校へ進学できる学力を保持しつつ、目標達成に邁進した。ゴールを目指してトライ&エラーの繰り返しだった。

若者へのメッセージ

大ニッチ時代が到来、「オンリーワンを目指す」

30歳になったばかりの私が、いや若いからこそ言いたいことがある。AI共生化、5G時代到来、外国人共生化、ブロックチェーン、科学技術の劇的発展は異次元社会創造と共に、あらゆる場面でますますニッチ世界が増加してゆく。この未来において自分という人間しか持てない夢、理想を持ち研鑚を続けることが大切だ。

➀帰納法にこだわるな。常識にとらわれず理想・夢に向かって人生を逆算しよう。
自分とは何か、いったい何がしたいのか、自分の天職を探せ!ナンバーワンではなく、オンリーワンの自分を探すのだ。
②四書五経・古典・芸能・芸術・スポーツ・観劇など、本物に出会う時間を作る。
研ぎ澄ませた直感を信じ、常にワクワクを大切にして1日1つのアイディアを出し、脳内で化学反応を起こすことが大切だ。答えがないから面白い。
③前に進むためには、「道を知るのではなく、歩くことだ」
加速するネット社会で、乏しい感性を持った人間にならないでほしい。自分の脳をフル稼働させ、失敗を恐れず0から何かを作るチャレンジをしてほしい。人間までも機械化される便利な世の中で、最後まで人間らしさを追求してほしい。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。