THE ROOTS

INTERVIEW

人との繋がりと縁を大切に

倉川徹

LivigTokyo株式会社倉川徹

略歴

新卒で不動産会社に入社したあと、2回転職して、外資系不動産ファンド会社に勤務して、ファンドバブル崩壊後に管理会社に転職したあと、独立して7年目。現在は賃貸専門の管理会社LivingTokyo(株)の代表取締。

現在の仕事についた経緯は?

困っている大家さんを助けたかった。管理会社の担当者と連絡がとりずらいとか空室が埋まらないとか大家さんは悩みが多いので、それを自分だったら解決できるだろうと思った。

仕事へのこだわり

①お客様に丁寧な説明をすることと、誠実な対応をすることです。例えば契約する時にはお客様の指定場所まで訪問して契約します。更新契約も初めての方は訪問して更新契約をします。大家さんと入居者さんの関係はどうしても大家さん優位になりがちですが、当社が間に入ることにより、大家さんと入居者さんの関係が平等になるように調整しています。あとお客様とは私の個人のLINEやFacebookでもお友達になって小まめに連絡を取り合っています。自然と信頼関係が深まっています。②滞納者がゼロでクレームもありません。①でも説明した通り、私の個人のLINEやFacebookでもお友達になっているためです。お客様は私のことを友達だと思っていてくれているので、気遣ってくれています。③賃料は適正賃料で募集して早く契約します。その適正賃料が大家さんの想像以上の賃料になっていて喜んでもらっています。その訂正賃料の査定方法は秘密にしておきます。

若者へのメッセージ

仕事はどんな職種でもやることは同じです。その仕事に対してどれだけ真剣に考えているかが大切だと思います。あと最も重要なのが働く会社の方針ですね。当社では「健康であること」と「プライベートを優先」を大切にしています。そうじゃないと長く働けないと思ってます。台風や雪の日は自宅で仕事してもらいますし、休みの日に子供と遊ぶ約束していて、仕事が入った場合には、私が代わりにその仕事を引き受けたりします。あと私も含めたスタッフの給料は共有していて見れるようになっています。全てガラス張りにしているから余計なことを考えなくていいのです。こんな会社は珍しいと思いますが良い会社を見つけて欲しいです。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。