THE ROOTS

INTERVIEW

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分

義家弘介

義家弘介

略歴

北星学園余市高等学校を卒業後、同校の教師になり、2003年「ヤンキー母校に帰る」がドラマ化され、大ヒットとなる。2005年4月、横浜市教育委員会教育委員に就任。2006年10月、内閣官房教育再生会議担当室室長に就任。2007年、参議院議員選挙当選。2012年、日本再生のため参議院議員を辞職、文部科学大臣政務官に就任。

現在の仕事についた経緯は?

幼少期は、ど田舎で野山を駆け巡る少年でした。ただ、感受性が強かったのかもしれません。大人が見た自分と、自分で思う自分にかなりの差があると感じていました。小学校高学年になると、大げんかをした子が無期停学になる一方で、子供を殴って鼓膜を破いた先生は平然と授業をしている。そうした大人たちの欺瞞に対して反抗するようになりました。しかし、影響を受けていた祖父の「外道はしても非道はするな」という話が常に頭に残っていました。「道を外れるならば、傷つくこともあるだろう。でも、新しい景色も見える。しかし、人にあらざる道、非道な行いは絶対に許さない。その時はもう戻る場所はない」と。例えば、いじめや万引きは非道。授業を休んで川で昼寝、これは外道。そういう不良なりの単純な分別がありました。

16歳の時に学校から「進路変更処分」が下りました。実質の退学処分です。驚くことに、父親も同時に決断を下し、わたしを勘当して児童相談所に委託したのです。その時に、いやというほど己の無力さを悟りました。今まで偉そうに大人たちへ反抗してきたけれど、ひとりではアパートも借りられない、仕事も探せない。生きていけないんです。死ぬことも考えましたが、「生きなければならない」とすべてを受け入れて、北海道へ里子に出ました。

里親さんの元で、廃校寸前の高校へ通い始めました。縁もゆかりもない場所での不安や、弱さを隠そうと虚勢を張りあい、はじめの頃は毎日ケンカです。しかし、そこですごく不思議な担任の先生に出会いました。当時40代半ばの女性で、とにかくシンプルな人でした。よく泣き、よく怒り、よく笑い、よく褒めてくれる。その裏のないまっすぐさが、心を許すきっかけになったのかもしれません。
大学4年生の秋、オートバイの事故で内臓破裂を起こしました。意識不明の重体で生死の境目をさまよい、ある日、落ちてくる涙に気がついて目を開けると、そこにあったのは高校時代の恩師の姿でした。4年前に卒業した僕のところへ1人で駆けつけて、徹夜で励ましてくれていたんです。その時に心から「教師になろう!」と思いました。このぬくもりを教えてくれた人が歩いてきた、教育という道の続きを歩もうと。

仕事へのこだわり

母校で教師となったある日「校内に大麻が蔓延している」という衝撃的な情報が届きました。子供たちへ徹底的に向き合い、真実を明らかにしようと奮闘するうち、必死の想いに応えて、ひとり、ふたりと、計70数名が薬物使用を告白してくれました。そして、北海道には平然と大麻が自生していたこと、それを教師のわたしが知らなかったことに唖然とし、深刻な青少年問題へ直面していると肌で感じました。
温かいはずの教育現場で、なぜ次々と傷つく子供たちが生み出されてしまうのか? 教育の道を歩むなら「木を見て森を見ず」は許されません。教育委員への就任後、さまざまな教育改革を提言し、発信し、現場にも足を運び続けましたが、現場の体質だけでなく、土台の仕組みや法律を変えなければ、教育再生は実現できません。
その中で、第一次安倍内閣当時の安倍総理から「教育再生会議」担当室長就任の機会を受けました。そして教育について更に発信すべく参議院議員に出馬し、全てをかけて総選挙に挑みました。文部科学大臣政務官となったいまも、あの日志した教育の道の先を一生懸命に歩いて、汗をかいている。

生死の境目から戻った日、あらゆるものに対して「己の命はかけられない。でも人生をかけることはできる」と覚悟しました。それは、自分の使命を悟ることであり、なすべきことを自分に突きつけながら生きることでもあります。
わたしは小・中・高校生に教え、全国の不登校生や中退生に教え、教育委員も務めました。親として幼児教育にも関わり続けました。42年でこれだけ教育界の経験を積むことは珍しい。やはり、教育は自分に与えられた使命だと強く感じますし、それが原動力です。

若者へのメッセージ

「夢は逃げていかない。自分が夢から逃げていくんだ」。これはわたしの座右の銘でもあります。弱さによって、叶えたい大切な夢から逃げているのは自分自身。だからこそ立ち止まって、目の前の課題と真剣に向き合えば、夢は必ず同じ場所で待っている。そう信じながら、昨日より1ミリでも夢に近づけるよう、今日も必死にもがいています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。