THE ROOTS

INTERVIEW

一点突破、全面展開

鈴木直道

鈴木直道

略歴

平成11年4月東京都奉職。平成16年法政大学法学部法律学科卒業。平成20年1月から同22年3月まで東京都職員として夕張市に派遣。同22年4月内閣府地域主権戦略室に出向。同22年4月から11月まで夕張市行政参与に就任。平成22年11月30日東京都退職。平成23年4月全国最年少(30歳1ケ月)市長となる。

現在の仕事についた経緯は?

高校進学後、家庭の事情で両親が離婚しました。その時が自分の人生を見つめる最初の機会でした。金銭的に大学進学が難しくなり、学歴差別などがない仕事として思い当たったのが公務員でした。毎日机にかじりついて独学で勉強し、なんとか東京都庁へ入庁でき、嬉しかったのを覚えています。
平成19年3月に北海道の夕張市が財政破綻して、再建団体に移行しました。当時、東京都の副知事だった猪瀬直樹さんが、東京都のノウハウで夕張市に貢献するべく東京都職員の派遣を企画されました。私は「誰が行くんだろう? 大変だろうな」と、まさに他人事でした。するとある日、人事の方に「君が候補のひとりだけど、どう?」と言われて(笑)。わたしも自分の人生をかけて、大変な状況の人々のお手伝いがしたいと公務員を志したので、派遣をお受けしました。それが夕張市との出会いです。
派遣は1年交代で4人の予定でした。しかし1年が経つと、ようやく環境に慣れて、新しい再生計画を立てようというタイミング。いま帰るのはもったいないと感じ、1年の延長を依頼しました。

仕事へのこだわり

新しい再生計画には、財政破綻後の再生計画を経た夕張市民の世論を反映するべきです。そこで、夕張市内全世帯を対象に、アンケート調査を行いました。わたし個人では無理なので、母校や北海道の学生など80人ほどの協力を得て、朝から晩まで2週間泊まり込みで意見を採集して……。最終的にまとめた調査報告書を、夕張市長と北海道知事、総務大臣に提出しました。
これは一職員のレベルを超えた行動なので、牽制する声もありました。でも、やらなければ後悔します。結果的に市民の声を新計画へ反映することができて、やってよかったと思いながら夕張市を後にしました。

2年2ヶ月間の派遣を終えると、今の妻との結婚のため埼玉県に家を買いました。また東京都庁職員として働いていこうという時です。夕張市で一緒に汗をかいてきた仲間から「夕張市長選へ出馬しないか」と声がかかりました。驚きましたが「今までの選ぶ選挙ではなく、『この人が市長になってほしい』と推薦する選挙をしたい。要請するからには、人生をかけてあなたを応援します」と。わたしの近況も知っていて、落選すれば市長どころか東京都の職も失うというリスクも分かった上で言われるんです。やっぱり、彼らも相当の覚悟をもって来てくれているという“想い”を感じました。

しかし、人生でいちばん悩みました。なかなか答えが出ませんでしたが、気がかりを全て避けて、素直に自分の胸に問うと、「やりたくない」という答えがない。だったら、やろうと思いました。
東京都庁退職のため、当時の石原慎太郎都知事に「夕張市長選に出る」ではなく「夕張市長になります」と伝えました。すると、「いやあ、お前はとんでもない勘違い野郎だな」と言われて(笑)。でも「今の若者には勘違い野郎がいない」と。そして「それに向かって裸ひとつで飛び込もうという若者は少ない。だから、俺はお前みたいな人間を殺しはしない」とおっしゃいました。そして、自分の選挙でも1回だけだったのに、夕張市で2回も街頭演説をして下さいました。
本当に、いろんな決断と、それを支えてくれるみなさんのおかげで今があると思います。

若者へのメッセージ

いま、埼玉の家は手放して夕張に家を買いました(笑)。ローンもあるし、町を良くしないと、わたし個人の暮らしも良くなりません。よく「夕張市長の後の展望は?」と聞かれますが、後もなにも、自分の人生をかけてやり遂げたいことが政治家の志であるならば、それが夢ですよね。それくらいの覚悟を持ってやらなきゃ、世の中は変わりません。
わたしが、同世代のみなさんと共に、今のいろんな課題を解決しないと、日本がその先の世代につながっていかないと思っています。ぜひ、一緒に頑張りたいと思います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。