THE ROOTS

INTERVIEW

世に生を得るは事を成すにあり

紫舟

紫舟

略歴

書道家。6歳の時に書道を始める。書の本場である奈良で3年間研鑽を積み、上京。書を用いて文字をイメージ表現・表情・感情をつけて情報としての文字に「意思」を吹き込む。そして日本の伝統的な書を世界に通用する「意思を表現する」手段として、世界を舞台に発信を続けている。

現在の仕事についた経緯は?

書を始めたのは6歳の時。書道以外にも、日本舞踊、ピアノ、バイオリンなど、自分が習いたいと思ったお稽古事はジャンルを問わずやらせてもらえました。他の家と少し違ったのは、何かを習う時、どの先生の元に行かせるのかを、両親と祖父母が真剣に考えていたことです。例えば日本舞踊を習うと決まった時には、京都の家元を呼んでくれました。書を教えてくれた先生はとても熱心で厳しく、逃げる隙がありませんでした。子どもの頃は、幼いながらも、将来は自分が持っている才能を生かす努力をしなければいけないと考えていました。そして、それが何なのか、ずっと探していたんだと思います。絵が得意だったこともあり、学生時代は芸大か美大に進学したいと考えた時期もありました。しかしそれには予備校に通う必要があり、新幹線で大阪まで通わなくてはなりませんでした。そのことで悩んでいた時、先生に「画家になれても生活できないよ」と言われ、夢を簡単に断念してしまったんです。それは今でもとても後悔しています。

大学進学が理由で地元を離れることになり、書からも一度離れました。大学卒業後は3年ほどOLをしていたのですが、ある日「自分の天職といえるのは書しかない」ということに気づき、その気持ちに従ってみたいと思うようになったんです。「やりたい」というよりは、「自分が人生で何を為すべきか」を見つけた感じがしました。一言に書道家といってもさまざまなタイプの方がいらっしゃいますが、その中で私は「表現力」を身につけたいと思いました。自分が表現したいことと対象物のあいだに矛盾をきたさず、違和感のない書を書けるようになりたい。例えば「命」という一文字を書くとしても、さまざまな「命」があります。生まれたばかりの赤ん坊の命、まだ若くエネルギーに溢れる命、大きな病気から抜け出した人が感じる命、まさにいま火が消えかかっている人の命。一文字でも、いろいろな表現で書き分けることができる書道家になっていきたいと思っています。

仕事へのこだわり

最近は「日本」を表現した作品をつくることが多くなってきました。世界に出た時、自分が持っている文化の力がなかなか通用しないことがあり、何度も挫折を経験しました。産業に関しても同じで、産業だけで世界に挑戦するにも限界がありました。文化の力も産業の力も単体では戦えないのなら、その二つを組み合わせて作ってみたらどうだろうと考えました。そうすればもっとたくさんの方に興味を持ってもらえると思います。本当に良い作品であれば、年齢も何も関係なく興味を持ってくれます。私たちの世代でも「日本」を世界にどんどん発信していけるはず。最近になってやっと海外に展示を出したり、書のパフォーマンスの場をいただいたりするようになってきました。そういう機会の中で、自分が感じたことを世界中の人たちに伝えるためにも、これからもうまく「日本」を表現していきたいですね。

若者へのメッセージ

坂本龍馬の言葉で「世に生を得るは事を成すにあり」という言葉があるのですが、「この世に生まれたからには誰にでも何かすべきことがあり、それが使命だ」という意味だと私は解釈しています。私は幼い時から、自分にとっての「使命」をずっと探し、「自分は将来何になるのか」「人生をかけて何をすべきことは何なのか」を追求してきました。幸い私はその「使命」を見つけることができたので、結果的にはうまくいかなくても、この道を進んでいること自体がとても意味のあることで幸せだと感じています。書は、私にとっての表現手段です。自分を一番表現できるのが「書」なんだと思います。私がこれからも追求していくべきことは書なのだと実感しています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。