THE ROOTS

INTERVIEW

夢いつまでも

三浦雄一郎

三浦雄一郎

略歴

1932年、青森市に生まれる。1964年イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加、時速172.084キロの当時の世界新記録樹立。1966年富士山直滑降。1970年エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降(ギネス認定)を成し遂げ、その記録映画 [THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST] はアカデミー賞を受賞。1985年世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。2003年次男(豪太)とともにエベレスト登頂、当時の世界最高年齢登頂記録(70歳7ヶ月)樹立。2008年、75歳2度目、2013年80歳にて3度目のエベレスト登頂〔世界最高年齢登頂記録更新〕を果たす。 記録映画、写真集、著書多数。

現在の仕事についた経緯は?

エベレストがあれば頂上まで登り、斜面があったらそこを滑る。地球と空の間を自由に遊ぶ。冒険家とは仕事であり、趣味でもある。
中学生の頃に、父親に連れられて青森県の八甲田山へ行きました。自分にとって未知の山を登り、その斜面を滑って、次から次へと山に登っては滑り続けた。これが無性に面白かったので、あの山に登ってみたい、あそこを滑ってみたいという目標が、だんだん日本から世界に拡がりました。ずっとずっと、未知の山、誰も滑ったことのない斜面をスキーで滑ることが自分のテーマで、それがまだ続いています。

仕事へのこだわり

わたしは冒険に挑戦してきたのではなく、挑戦の結果が冒険だったのだと思います。スポーツは常に勝敗が未知の世界ですが、冒険の勝敗は生きるか死ぬかです。「こわい」どころではないけれど、死んだ気でやるしかない。そういう世界を自分なりに切り拓き、ベストを尽くして目標に到達する。「これができたら最高だ、死んでもいい」と思えることにチャレンジできるのは、最高の幸せだと思います。
そう思うようになったきっかけは、なんと言ってもエベレストの登頂でした。初めて登ったのは70歳。いろんな病気を抱えていましたが、諦めたら人生おしまいだと思って挑みました。75歳で二度目のエベレスト登頂。心臓の不整脈がひどく、手術を二回やらざるをえなくなりました。三度目の登頂は80歳。大腿骨、骨盤の骨折。それから出発寸前に不整脈がありました。
まず、怪我・病気を越えよう。そして、挑戦するからにはやっぱりエベレストを登ろう。そのためには、歳を忘れて夢中になって、逃げないことです。

若者へのメッセージ

わたしにとって覚悟とは、命をかけたチャレンジ。ひとつ間違えば死んでしまう登山では、生きて帰る方がはるかに難しいのです。80歳で登頂したエベレストでも、下りは死んだ方がマシだと思うくらい苦しく、つらい道でした。やはり最後まで生きる執念を持ち続けることが重要です。生きる覚悟があるから、チャレンジしようと思える。
植村直己さんは「冒険とは生きて帰ること」だと言いました。彼は非常にシャイな男ですから、その間に挟むべき一言を外したのではないでしょうか。わたしは「冒険とは“死を覚悟して”生きて帰ること」だと思います。

2018年に85歳で、世界で6番目に高い「チョ・オユー」という8201mの山を登頂し、山頂からスキー滑降したい。これが当面の目標です。運良く生きて帰り、健康であれば、今度は90歳で4回目のエベレストにチャレンジしてみたい。ホラ話に聞こえるかもしれませんが、それでもいいから目標を持ち、それに向かってがんばる。そんな生き方でやっていきます。

カッコイイ大人とは、人生をかけて、自分のやりたいことをやり続け、やり尽くす人。若い人たちでもそうですね。やりたいことを精一杯やって、いきいきしている大人でありたいし、そうあろうと思っています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。