THE ROOTS

INTERVIEW

「感・益・献」

佐川泰宏

株式会社 東京アカデミー佐川泰宏

略歴

1947年生まれ。大阪府出身。関西学院大学を卒業後の1970年東京アカデミーに入社し、1987年から社長を務めています。

現在の仕事についた経緯は?

創業当時の1967年頃は資格試験ブームで、仕事を退職し退路を断って資格試験へチャレンジする者が多く居ました。当時流行った「脱サラ」という言葉に沿って資格試験ブームに乗ったと思われます。
そこで私の父親は、合格者をたくさん出して地域社会に貢献してもらいたい、同時に弊社も社会貢献したい、という想いの下現在の会社を創業しました。手堅く、堅実に一歩一歩、一つの講座の募集・運営を軌道させてから、次の講座を手掛けていく父親が印象的で、そんな父親を見て、資格の時代が来ると思った父親の先見の明を一言で偉いと思いました。
将来を考えた時、私は一人息子でしたので父親の後継ぎは当然のことと考えていました。また、継ぐのに悩んだこともありませんでした。

仕事へのこだわり

受講生から頂いた受講料は必ず還元しなさい。親切にしなさい、合格者をたくさん出して地域社会に貢献してもらうことで弊社も同時に社会貢献する、という父親の理念を固く守ってきました。

具体的には、①合格実績、②生講義、③受講生フォロー、④オリジナルテキスト、の4点にこだわりました。
①合格実績は、創業後52年間、ひとえに受験生が合格し社会貢献に繋った結果、また新たな受講生を迎え、その受講生が合格し社会貢献に繋がるという好循環を生み出しております。
②生講義のメリットは、生の声で講義を聞いて頂き、講義の速度も受講生の理解度によって変えられます。また講義の都度すぐ質疑応答が出来るので更に理解を深めることが可能です。
③受講生フォローは、質疑応答を含め、効率的な対策やサポートを進め一人一人にきめ細やかなフォローを行うことで実現しております。
④オリジナルテキスト、に関しましては、試験傾向は常に変わります。弊社には最新の情報を瞬時・いち早く分析できるTAネットワークという部署を設け、オリジナルテキストを作成しております。外販している教材は紀伊国屋やジュンク堂など大規模書店で購入出来、amazonのランキングNO.1にも頻繁に出ております。

創業当時から「感・益・献」を企業理念としております。合格という感動から売上アップという利益、そして社会貢献というサイクルをどんどん大きく拡げてゆくことが我々の仕事であるという意味です。
ただしこの企業理念に加え、時代時代に合致した企業戦略を加味しております。お客様から見て時代に合った価値のあるサービスを付加していくことで、価値のある講座を提供し数多くの合格者を輩出していかなければならないと感じています。

若者へのメッセージ

東京アカデミーは、昭和42年創立以来、生講義による講座を特色としています。
現在多くの学校がDVDやWEBなど、映像による授業を中心とする中で、生講義による質疑応答も含め、最も効率よく対策が進められております。さらに教務スタッフの受験情報のサポート等、顔の見える予備校として他の追随を許さない受験界のトップリーダーであることを自負しています。
2017年に創立50周年を迎えられたことに感謝し、更に初心に戻り常に受験生のニーズを的確に捉え時代に順応した予備校を運営して参ります。夢は東京アカデミーの多くの合格者に社会貢献して頂き100周年を迎えたいことです。
どれほど少子化が進んで、ITの時代が開けても、一人でも多くの合格者を輩出することが一番だと考えております。
また受験勉強は「自利」のためであることは事実ですが、受験勉強中に「自利」のみでなく地域貢献、社会貢献の意識があれば、モチベーションアップになると考えます。
職業選択は永続性の有無で決定するべきです。そして公務員、教員、看護師はまさしく地方活性化のキーマンです。若者の地元志向はイコール地方活性化に直接つながっています。ますます地元、地方に貢献してほしいです。
必ず目的を持って日々努力してほしいと思います。努力することを重ね日々精進して頂きたいと願っております。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。