THE ROOTS

INTERVIEW

If it can be imagined, it can be created

山野悟志

北山田グリーンデンタルクリニック山野悟志

略歴

平成23年神奈川歯科大学歯学部卒業 。歯科医師免許を取得後、平成23年神奈川歯科大学附属横浜クリニックで1年間の臨床研修を修了。神奈川歯科大学附属横浜クリニックで歯科口腔外科や一般歯科 、インプラント科にて勤務したのち、医療法人社団三島会 スカイビル歯科に勤務。その後令和元年5月1日に横浜市都筑区横浜市営地下鉄グリーンライン駅前、北山田駅北山田グリーンデンタルクリニックを開設した。歯周病治療やインプラント治療など、地域に密着した歯科医院を目指し、日々活躍中。

現在の仕事についた経緯は?

正直、子供の頃から歯医者は嫌いでした。
学生時代に老人ホームに行く実習があり、寝たきりの生活から元気に生活している人まで様々な人がいました。皆さんを見ていると自分の歯で食べられる方は意識のしっかりした健康的な方が多く、食べることが唯一の生き甲斐、という人も多数いました。
物を美味しく食べることが健康への道だと感じ、もともと医療系に進もうと思っていましたが、病気を治すより病気にならないようにケアーしていける仕事に就こうと思い、歯科の道へと進みました。

仕事へのこだわり

相手のことを常に考えて治療していこうと心掛けています。そのためには、相手とのコミュニケーションをしっかり取り信頼関係を築かなければ、何事もうまくいきません。なので、治療の技術はもちろんですが、患者さんとしっかりとコミュニケーションを取ることと、信頼関係を築き上げることには、特に重点を置いて日々の治療を行っております。
 歯医者にくる患者さんは、「歯医者に行くのは痛い、怖い」など、マイナスのイメージや不安を持って来院されます。そこで、急に治療を始めても恐怖でしかありません。そこでしっかりとコミュニケーションを取り、まず相手がなぜ歯医者に対してマイナスなイメージを持ってしまったのか、などその人のバックグラウンドを知り、不安感をできる限り取り除いていきます。
さらに、相手がどのような治療方法を望んでいるのかを話し合い、目指す治療のゴールをしっかりと共有してから治療を行っています。そのようにしないと、その人に合った治療方法を見つけてあげることができませんし、歯科治療は治療期間や回数も多くなることがあるため、歯科治療へのモチベーションも下がってしまい、治療自体も成功しません。また、専門学的に、どんなに良い治療をしたとしても信頼関係がなければ、患者の満足度は下がり、歯科への不信感が増えてしまい、結果的に、歯医者への不信感→歯医者に行かなくなる→口の中が悪くなる→物が食べれなくなる、と負の連鎖に陥ってしまいます。

若者へのメッセージ

最近は、「自分の好きなことしかやらない」という人も増えてきています。もちろん自分の好きなことに突き進むことも良いことだと思います。ただ、世界はとても広く自分の知らないことばかりなので、もっと色んな世界を覗いてみた方が良いと思います。もちろん、自分の知らないことに挑戦することは、とても勇気がいりますし、とても面倒くさいです。
しかし、まだ色々挑戦でき、万が一失敗してもやり直せる時期なので、失敗を恐れずに色んなことに挑戦してほしいと思います。
挑戦した結果、さらに自分に合った天職を見つけることができるかもしれませんし、挑戦したことで、それが自分の教養や経験になり、そこから新たな道が生まれるかもしれません。
挑戦した結果、何が起こるかは、わかりませんが、何もしなければ何も起こりません。
面倒くささを乗り越えて色んなことに挑戦してほしいと思います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。