THE ROOTS

INTERVIEW

努力に勝る天才なし

松野下敏敬

株式会社Linden松野下敏敬

略歴

1976年生まれ、鹿児島県枕崎市出身。小学校1年生~剣道を始める。「鹿児島商業高等学校」時代は、インターハイ出場を経験。現在、剣道三段。高校卒業後は自動ドア施工会社に入社。その後、某大手計量器メーカーや、某大手自動車ディーラーに転職し、営業職を経験。また、自身のぎっくり腰をきっかけに整体師として弟子入り。3~4年後、リラクゼーションサロンを開業(7年間経営したが現在は、他の事業が多忙になり閉店)。2011年に剣道の武道具店をオープン。2018年4月に「株式会社 Linden」設立。インターネットを活用し、「リンデンブランド」を日本中・世界中に自動的に売れ続けるような仕組みや環境を構築中。

現在の仕事についた経緯は?

マッサージ店と剣道の武道具店を経営しながら、何気ない毎日を送っていました。たまに地元の子供達に剣道の指導をしながら、休日は家族と過ごすような普通の暮らしをしていました。同時に、忙しくなればなるほど、自分の肩もこり、歳を重ねるごとに疲れがとれず、何歳まで今の仕事を続けられるだろうと将来不安も感じていました。また、インターネットの普及とともに、時代が大きく変化してきました。今後は、さらに加速していくでしょう。AIやロボットのお陰で生活が便利になると同時に、少子高齢化社会、外国人労働者の急増、格差社会、介護離職問題などの様々な問題点も浮き彫りになってきました。時代の流れに逆らわず、3年・5年・10年後の為に「今」出来る事って何だろう?と考えるようになりました。

日本は、人口減少が進んでいく一方で、世界では人口が増え続けている。人口が増えるところが成長し発展するということで、大手はどんどん成長する国々に進出しています。中小企業や僕らのような一般人は、なかなかそれが難しいので、格差社会は避けて通れないでしょう。

しかしながら、インターネットを活用すれば、たくさんのビジネスチャンスがあります。日常必ず使用する消耗品によって、大手製造メーカーは儲かりますが、自分が恩恵を受けることは少ないでしょう。もし、自分や自分の家族が何らかの恩恵(例えば年金制度や社会保障など)を受ける消耗品ブランドがあったら、それを使用すると思いませんか?っていう発想から、今の事業を立ち上げました。

仕事へのこだわり

数年前に「実力より運をつけろ!!」という言葉に出会いました。

私は決して宗教家ではなく、何かの宗教に属してもいません。様々な壁に直面し、たどりついたのが「運」でした。

今では、常に「運」を意識して生活しております。「運」をあげる方法の一つに「愛国心」があります。

愛国心で有名な言葉(アメリカの元大統領ジョン・ケネディ)に「国が自分のために何をしてくれたかではなく、自分は国のために何をすべきかと問え」という言葉があります。

親の世代、祖父の世代、またはその先のご先祖様方が、お国のためと愛国心を持って、たくさんの努力をしてくれたお陰で、日本は先進国となり、最も安全で豊かな国になりました。今ある社会保障制度や年金制度は、当たり前のように活用しています。

この先の子供の世代や孫の世代(次世代)の日本は、「今」の私たちの考え方と行動の結果なのでしょう。国任せや企業任せにせず、「今」生きている一人一人が、次世代のために出来ることを考え、チャレンジしていくことが大事なんだと思います。

すぐに答えが浮かばなくても、意識しておくと様々な気づきに出会います。今も、これからも愛国心をもって、次世代のためにを意識して仕事に取り組んでいきます。

若者へのメッセージ

僕も若者と言われ続けていましたが、あっという間に42歳になり、今では全く言われなくなりました。残念ながら、おじさん・おじちゃんと言われるようになりました。一度きりの人生をどのように生きるのかは、自分が決めることです。

人生には、二つの人生があるそうです。
①金魚鉢の中にいる金魚のような人生(無難な人生)
②ジェットコースターのような人生(スリルとサスペンスの人生)

どちらの人生がいいとかではなくて、僕は②の人生を送ってきました。
人から幸せと思われる人生がいいのか、自分が幸せと感じる人生がいいのかです。

成長して結果が出ると、失敗は【経験】となります。たぶん、大成功をしている人は、大失敗の【経験】がある人だと思います。たくさん成功している人は、たくさん失敗している人だと思います。

人の目を気にせず、人から影で何を言われても、自分がチャレンジしてみたいと思ったら自分を信じてチャレンジされることをオススメします。

チャレンジしないと気づかない「ご縁」にたくさん出会うと思います。

20年前や40年前と「今」が全然違うように、これからの20年後、40年後をよりよくするために、一緒にチャレンジしていきましょう。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。