THE ROOTS

INTERVIEW

継続は力なり

小林徹也

慢性腰痛専門整体院 ボディケア手尽 ―TETSU―小林徹也

略歴

日本大学櫻丘高等学校を卒業。その後、父親が経営するリフォーム会社に務めながら、訪問で整体を始める。現在は慢性腰痛専門整体院 「ボディケア手尽」で、腰痛だけでなく、さまざまな症状に対応している。

現在の仕事についた経緯は?

自分が学生時代に、座っていられないほどの腰痛に見舞われ、大好きだった野球をあきらめるほどの激痛が走り、さまざまな治療機関に通うも治らず、一生腰痛と付き合っていくしかないとあきらめていた時に、劇的に改善してくれたのが、整体の先生でした。いつかこんな先生のように痛みに苦しんでいる人の力になりたいと思い、そこから、西洋医学・東洋医学を学びはじめ、リフォーム会社に務めながら、夜に訪問で整体、週末は少年野球の指導にあたり、現在に至る。

仕事へのこだわり

自分の場合は、リフォームの仕事をしている時は、当たり前のこととは思いますが、経験豊富な先輩方の話を一生懸命聞いていたと思います。聞くだけでは出来るようにならないので、まずやってみるということを心がけていました。もちろん、失敗することの方が多かったと思いますが、叱られてもあきらめずに作業してました。そうすることで出来る仕事が増えていったと思います。
整体の方は、施術させていただく方を、自分の一番大切な人だと思って接していました。そうすることで、相手に伝わる手の感触が確実に変わってくるからだと思っていますし、それは、今もなお変わらず続けています。手から伝わる優しさというか、真心というか、そこにこだわりを持って施術することで、身体がゆるみやすくなるんです。心が溶ける施術を心がけています。その先の笑顔のために。

若者へのメッセージ

やりたいことがある、もしくは見つけたら、勇気を持って最初の一歩を踏み出してほしいですね。踏み出さなければ、何も始まらないですから。そして、最初の一歩を踏み出せたら、こだわりを持って続けてほしいと思います。もちろん、現況に満足出来ている方も数多くいると思いますが、向上心を持って頑張っていただけたらと思います。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。