THE ROOTS

INTERVIEW

仁鍼仁術

徐大兼

アルメディカ株式会社徐大兼

略歴

1967年生まれ、神奈川県出身。University of Southern California Marshall School of Business 卒業。2002年、渋谷・青山にアキュラ鍼灸院を開業。同時にアルメディカ株式会社を設立し、鍼灸・サプリメントなど代替補完医療に特化したサービスを提供。現在は一般社団法人日本生殖鍼灸機関を設立するなど、生殖鍼灸の啓蒙活動を積極的に行っている。また、京野アートクリニック高輪において、日本初となるオンサイト移植サポートの提供、内膜環境サポート、卵巣エンハンスメント鍼灸を行っている。著書に『カラダを温めれば不妊は治る!』があるほか、生活総合情報サイト「All About」にて不妊鍼灸ガイドを務める。

現在の仕事についた経緯は?

人に喜ばれる仕事がしたい。そう思い、35歳の時に鍼灸院を開業しました。でも、ただ喜ばれるだけじゃなく、感動、幸せを与えたい。
鍼灸師として患者さんに寄り添う中で、なかなか妊娠できずに悩んでいる方が妊娠できたときのその感動はいまでも忘れることはありません。その感動と幸せをより多くの人に与えたい。それが私の子宝・不妊・生殖鍼灸の原点です。しかし、いくら良い治療を施しても、ビタミン・ミネラルの不足はどうすることもでない。当時、妊娠に特化したサプリメントは日本の市場に存在していなかったため、アメリカの栄養学の専門家に相談し、独自でサプリメントの開発も始めました。そして、現在。日本はまさに高齢少子化へどの国よりも早く突入しています。また、不妊は主に先進国で、世界規模で広がっています。世界の先進国の少子化に歯止めをかけ、全ての女性が心身共により健康な状態で不妊を乗り越え、妊娠・出産を迎えられるようにすることが私のライフワークです。

仕事へのこだわり

アメリカの大学ではグループワークが重視され、そのグループメンバー全員から評価を受け、それが成績へ反映されます。
自分がいくら優秀でも、他のメンバーから評価されなければ、良い成績を得ることはできません。若かった私は傲慢で自分さえ良ければ良いといった考えがあったのかもしれません。そのため、グループメンバーからの評価は最低でした。その評価に納得できない私は教授にその評価が不当であることを訴えに行きました。そこで、その教授は私のこう言ったのです。「You're just an asshole. お前はただの下衆野郎だ!現実社会に出たら、お前は間違いなく嫌われ、良い仕事はできないでしょう。仕事は様々は人と連携し、構築していくものです。この評価を真摯に受けとめこれからのあなたの将来の参考にしてください。」その教訓を生かし、常に一緒に仕事をする人と相乗効果を得られる良好な関係作りにこだわりも持つようになりました。周りの人を大切にすること、周りの人に喜ばれること、感動をもたらす仕事をすること。

若者へのメッセージ

"Find your Passion" 情熱をもって取り掛かれることを探せ!
もう見つけた人もいるかもしれないこれから見つかる人も多いだろう。30、40代になるまで見つからない人もいるだろう。でも、見つけるのをあきらめないで欲しい。情熱をもって打ち込めることを見つけよう。但し、情熱の規準をお金にしない事。お金を稼ぐことに焦点を当て競争しても、もっとお金を持っている人はごまんといることに気付くことでしょう。お金は大切ですが、その情熱はお金ではなく、内側からこみあげてくるものに。また、尊敬や栄誉を与えられることは大切ですが、自分の身近な回りにいる人に尊敬されること、そして自分が尊敬している人に尊敬してもらえるような人になることが僕は何よりも大切だと思っています。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。