THE ROOTS

INTERVIEW

自身の努力と周りへの感謝

原田典子

AI CROSS株式会社原田典子

略歴

1998年慶應義塾大学経済学部卒業。ドイツ系ソフトウェア企業、SAPジャパン株式会社でテクニカルコンサルタントとして働いた後、システム開発ベンチャー企業に入社。同社アメリカ法人設立のため渡米。シアトル、サンノゼ、ニューヨークなどでアメリカのネットビジネス、ITトレンドの調査及び提携・アライアンス業務などを行う。2015年3月よりAI CROSS株式会社 代表取締役に就任。

現在の仕事についた経緯は?

システム開発ベンチャー企業在籍時にアメリカ法人設立に伴い渡米しました。そこでは、ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が実践されているだけでなく、企業の徹底した生産性向上や効率化への取り組みを目の当たりにし、日本社会との格差が大きいことに衝撃を受けました。日本企業にも先進のテクノロジーで課題解決をしてもらうことで、今以上に事業を効率的に成長させるサポートをさせていただきたいと考えたこと、また企業で働く人たちにも、働く楽しさを実感してもらいながら、ライフスタイルをより充実したものにする「Smart Work, Smart Life」の実現に貢献したいとの想いで日々事業の拡大に邁進しています。

仕事へのこだわり

「Smart Work , Smart Life テクノロジーでビジネススタイルをスマートに。」の企業理念の元、私たちAI CROSSは企業が最大のアウトプットを出せるように業務効率化のサービスを提供し、それによって従業員の方がSmart Lifeを実現することを目指しています。
ただ理念を進める上で決して技術オリエンテッドにならず、「仲間と一緒になって挑戦すること」を大切にしています。
社会に大きなインパクトを与えるためにはテクノロジーはもちろん大切ですが、提供するサービスがお客様の課題を解決できず、またサービスを一緒に拡大させていく仲間がいなければ、そもそもテクノロジーはただそこにあるツールにすぎません。
今、AI CROSSには様々な個性を持つ仲間がいます。色々な個性を持つけれど、目標が同じ方向を向いているメンバーが集まることでお互いが切磋琢磨し、刺激し合いSmart Work, Smart Lifeの実現のために向かって進んでいます。
昔の私は、どちらかというと何事も一人で解決する「No pain, No gain」のスタイルでしたが、どうしても一人で進めていると自身の経験に拠ったアウトプットになりがちで、まだまだアイデアを広げる余地があったかなと今では思います。
AI CROSSの代表となった今、様々なバックボーンを持つ仲間と接することで、自分というコアを大切にしながらも、自分にない感覚や知見を吸収できるので毎日が新たな発見の日々です。
これからも柔軟に色々な考えを吸収しつつ、でも軸は決して流されないスタイルでビジネスの事業拡大に邁進していきたいですね。

若者へのメッセージ

私がまだ一社員だった頃、「自分の進みたい方向や目標」を見つけるまで壁にぶつかり悩んだり、立ち止まったりすることがたくさんありました。そんな時はあまり遠くの目標を眺めず、目の前のことをがむしゃらに取り組むことを心がけていました。
目の前のことに集中することで、現状を打開できることもありましたし、また新たに違う道がみえてくることもありました。
キャリアの語源はラテン語の「轍(わだち)」に由来すると言われています。自分が進んできた道のりが今の自分を形作っていますし、辿ってきた道は遠回りであっても、曲がりくねっていてもいいと思っています。
今は、昔よりたくさんの選択肢が選べる時代になってきています。皆さんはまだまだこれからなので「自分はこれだ」と自分自身を決めつけず、様々な可能性に挑戦して、チャンスが目の前にきたときには、しっかりとキャッチアップしていただきたいと思っています。そしてその際はぜひ一緒になって頑張れる仲間を見つけてください。
AI CROSSはまだまだ成長期で、これからの会社です。皆さんの中でも様々な価値観の中で、私たちと一緒になって目標を目指してくださる方がいれば、ぜひお気軽にお声がけいただければと思います。大変なことも、もちろんありますが、一緒になって楽しみながら、会社を成長させていきましょう。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。