THE ROOTS

INTERVIEW

念ずれば花開く

高橋和之

百年整体葛西院高橋和之

略歴

愛媛県の高校卒業後、日本カイロプラクティックドクター専門学院に入学し、当時海外での解剖実習も経験する。卒業後、学校の直営店で約3年間お世話になりました。その後、愛媛県で就職し、2016年に東京都江戸川区中葛西に転勤になり、そこで現在、百年整体葛西院の院長を務めています。

現在の仕事についた経緯は?

小学生の時から野球をしており、高校生の時に肘が痛く悩み、やめようと思う瞬間がありました。痛みがひどくなって、手術をしないと野球が続けられないと言われたのです。そして、あきらめようと落ち込んでいた時に、チームメイトや監督に励まされ、手術をする決断に至りました。今では、手術にして本当に良かったと思っています。
この出来事がきっかけで、高校卒業後に体の事で悩んでいる人を助ける仕事がしたいという思いが出てきました。
夏に野球が終わり今後の進路を考えて、専門学校の本を見ていた時に整体師という職業が目に入りました。そして学校見学に行くとやりがいがありそうで、私のやりたい事と一致しました。そして、今まで私に関わってくれた方々に感謝し、この仕事を通して全ての方に恩返しをしたいと思いこの仕事を選びました。

仕事へのこだわり

とにかく整体師という仕事が好きです。
新人の時はとにかく覚えて慣れていくことに必死になっていました。
今の時代、整体院など体のケアをするところはたくさんあります。なので、他との違い、院の特徴を明確にして、接客業としてもスキルアップし人間力を高めこれからの時代を生き残っていかないといけません。体が健康であるからこそ、仕事の質、生活の質、プライベートの質が上がると考えています。仕事へのこだわりとしては、来られる方を健康にして元気にしていくのだから、まずは自分自身ができるだけ健康な体でいる事に気を付けています。
そのためにもストレッチをし、スタッフに施術もしてもらい日々メンテナンスを心掛けています。あと病気にならないように意識を高めています。そのために、睡眠時間を平均7時間とり、当たり前ではありますが、手洗いうがいを忘れないようにしています。
このようなことを意識して自分自身のコンディションを万全に整えて仕事に臨み、来られた方と真剣に向き合います。
そして、相手の本当に悩んでいる事を感じ、聞き出し、相手の求めているゴールをより明確にし、健康に対する意識を変えて体のケアの大切さが伝わるように誠実に対応しています。
技術的なところでいえば、100人いたら100人違う体なので、様々な症状に対応しようとしたら、同じ手技だけだと限界があると感じています。だからこそ、常に向上心を持って研修やセミナーに参加してスキルアップできるように努力し続けています。
そして、【笑顔】と【感動】を提供し100年後も必要とされる整体院を目指しています。

若者へのメッセージ

私自身、素晴らしい仕事に出会い、頼もしい仲間にも出会えました。
これからもっといい出会いがあるのではないかとワクワクしています。
20代は本当にがむしゃらに頑張りました。そして、楽しかったです。
皆さんはみつけていますか?『好きなこと』『やりたいこと』
ぜひ自分の『好きなこと』『やりたいこと』をみつけてください。

そのために色々な事に目を向け興味を持ったならば、チャレンジしてやってみる。そうするといつか出会うと思います。自分の本当に進むべき道に……。
そして、色々な土地へ行き、様々な人と出会い、たくさん刺激を受けてください。世界はまだまだ広いです。
あと、失敗を恐れないでください。若いうちにたくさん失敗して経験値を上げておきましょう。
時間は皆、平等にありますが限りがあります。なので、タイムスケジュール管理も重要ですね。
そして、アクションプランを立てて素早く行動しましょう!行動あるのみです。その後は振り返りもお忘れなく。
それが将来きっとあなたの身に返ってきます。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。